脳梗塞 軽度 入院

軽度の脳梗塞の入院治療方法/期間はどれくらい?退院後の注意点は?

スポンサーリンク

脳梗塞とは、動脈硬化症などが原因で脳の血管が詰まる病気です。
発病すると、意識障害、呂律が回らなくなるなどの言語障害、身体の麻痺など、様々な症状が生じます。

 

その症状が現れた段階で早期に医療機関へ受診し、検査・診断を受ける必要があります。
症状が軽度の段階で早期に治療をしなければ、重症化し症状が悪化し、命に影響を及ぼす危険もあるため、注意が必要です。

 

重症の脳梗塞であれば、入院治療のうえリハビリを要すなど、長期間の治療が必要となります。
この場合は、重い障害が残ることもあります。

 

一方で、軽度の脳梗塞であれば、入院しなくて良い場合や、短期の入院で良い場合があります。

 

入院期間の目安は4日〜2週間程度の入院となります。
治療方法は点滴と安静にすることがメインです。

 

例えば、一過性脳虚血発作やラクナ梗塞では、食事がしっかり摂取でき、悪化の兆候がなければ入院生活は終了となる場合もあります。

 

軽度の脳梗塞では、身体的麻痺や言語障害などの障害も残らないこともあります。
そのため、退院後には元の生活に戻ることができ、仕事や趣味を再開することができます。

スポンサーリンク

軽度の脳梗塞の場合、入院治療は短く済みます。
そのため、前述のように軽度の自覚症状でも見逃さないよう、脳梗塞の兆候と症状について理解することが必要です。

 

また、入院生活が終了した後にも、再発するリスクは常につきまとうため、軽度だからといって気を抜かないようにしなければなりません。
再発を予防するためには、生活習慣を改善することが重要です。

 

例えば、高血圧や糖尿病、高脂血症などの病気があれば、その悪化を防ぐことが脳梗塞再発の予防となります。

 

また、入院生活の中で、食事制限や薬物療法の方法を十分に医師や看護師などに確認し、予防する方法を学ぶ必要があります。

 

軽度の脳梗塞でも、退院後の生活で、リハビリの継続や薬の内服を継続しなければならないことがあります。
しっかり医師の指示に従って療養します。
また、定期通院は継続しなければなりません。

 

自分勝手に通院を中断しないようにしなければなりません。
このように、脳梗塞の治療は、軽度であっても入院生活から外来まで、再発しないように継続的な治療を行います。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。