脳梗塞 カテーテル 手術 時間

脳梗塞のカテーテル手術時間はどれくらい?/どんな治療方法なの?

スポンサーリンク

脳梗塞といえば幅広い年齢層の間で起こる病気であるため日頃から気をつけていく必要があります。
脳梗塞は頭の中にある血管が詰まってしまい、脳に酸素やエネルギーを送る事ができなくなってしまい脳が壊死してしまう厄介な病気であるため、警戒していかなければいけなくなります。

 

この病気を発症するメカニズムについては血栓性・塞栓症・血行力学性の3つに分かれていて、症状も多少異なったりしています。

 

主な初期症状としては意識障害・片麻痺・四肢麻痺・言語障害・失語症・嚥下障害・激しい頭痛・物が二重に見える・ふらつき等の症状が出る事があり、これが起きたら脳梗塞を発症しているサインでもあるためすぐに病院に行くようにお願いします。

 

脳梗塞には種類がありアテローム血栓性脳梗塞・ラクナ梗塞・心原性脳塞栓症があります。

スポンサーリンク

ちなみに脳梗塞は発見する時間が早ければ早いほど生存率が高くなるため、軽症で済むため早期対応が大事となっています。

 

病院に行ける状況ではない場合は緊急性があるため必ず救急車を要請するようにお願いします。
AEDの使用も合わせて行うことにより生存率はあがります。

 

完治させるための治療方法や手術方法もあるため、効果ある診療を受ける事ができます。
脳梗塞の診療を受ける際は何科に行けば良いのかというと、神経外科・脳神経外科が無難となっていて専門医がしっかりと対応してくれるため、メリットのある診療を受けられます。

 

カテーテルと呼ばれる医療機器を使いながら手術を行う事になっていて、全身に麻酔もするため痛みを感じずに手術を受ける事ができます。
カテーテルを使った手術については効果があるため、注目を集めている医療技術となっています。

 

カテーテルは直径2mmほどの大きさで、血管の中に入れることによって血管を拡張し根本となる原因を取り除く方法です。
切開の必要はなく、基本的に足の付け根の大動脈から入れています。

 

カテーテルの特殊な形状でできている医療機器となっていて、様々な病気に対応できるようになっています。
ちなみにカテーテルは検査でも使用される事もあるため、多目的に活用されています。

 

カテーテル手術にかかる時間については人によって個人差が出ますが、平均で1時間から2時間の間となっていて、3時間以上の時間を使い手術が行なわれる倍もあります。

 

比較的にカテーテル手術は短時間で手術を行えるようになっているため、手術を受ける側の負担も少なく済みます。
カテーテルを使った診療はそれなりに料金もかかるため、多めの費用を用意しておく必要があります。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。