脳梗塞 意識不明 回復 期間

脳梗塞で意識不明となった時の回復期間はどれくらい?すぐに戻る?

スポンサーリンク

脳梗塞は、発症した際の脳の状態により重い症状となったり、軽い症状で済んだりします。
時には意識不明の重体となり、回復出来る事もあれば寝たきりの植物状態なってしまったり、最悪の事態を迎えることもあります。

 

脳梗塞で意識不明の重体の状態になる場合には、脳の太い血管に血の塊が詰まったり、急激に広範囲で脳梗塞を発症した時と考えられます。

 

また心臓に疾患を抱えている場合に、心臓から血の塊が脳に飛び血管を詰まらせてしまう事があり、最も重症化しやすいのです。
脳梗塞は何よりも早期の治療が基本になります。

 

しかし、1人暮らしの方などは倒れたままで発見が遅れてしまい、治療を受けるまでに時間が掛かってしまう事も多く、その結果として症状を重症化させてしまい意識不明となる事もあります。

 

脳梗塞で意識不明などの意識障害が出る理由は、梗塞部位周辺の脳浮腫と言うむくみが生じる為です。
そして、脳浮腫が原因で頭蓋骨内全体で脳が張れる状態となり、脳幹を圧迫するのが原因となります。

スポンサーリンク

脳梗塞で意識不明となってしまった場合に、誰もが一番考える事は回復する確立と期間です。
回復できる確率は解っていませんが、回復できるまでの期間には梗塞部位の大きさと脳浮腫の程度が関係してきます。

 

また、発症してから治療を受けるまでに要した時間や、年齢、脳の出血なども関係してきます。
脳梗塞になって意識不明から回復するのは、早ければ脳浮腫の状態がピークを過ぎる1週間〜2週間ほどと考えられます。

 

しかし、脳浮腫が完全に消えるには数ヶ月の期間を要すると考えられており、回復までのその期間は待つしか方法は無いのです。
意識不明から回復したら積極的なリハビリを行う事が必要になります。

 

リハビリ効果が出やすいのは、リハビリ期間となる4〜5ヶ月間と言われています。
その為、出来るだけ専門のリハビリセンターなどに一定期間入り、集中してリハビリを受けることが大切になります。

 

保険が適用となるリハビリセンターの入居期間は約5ヶ月ほどと言われています。
その期間を過ぎると保険適用外となる事があり、それを超えた入居には実費で費用が掛かる場合があります。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。