脳梗塞 治療 点滴 期間

脳梗塞の点滴による治療期間

スポンサーリンク

脳は、頭だけでなく全身の活動にかかわってくる大事な臓器です。
その分多くの栄養分が使われるので、脳には隅々の細胞にまで栄養分をしっかりと届けるための毛細血管が多く存在しています。

 

血管が細く、しかもその数が多いのですから、血栓ができたり血液がドロドロとした状態になったりすると、詰まりが生じることがあります。
その詰まりによって、細胞が栄養分を受け取ることができずに弱っていくことが、脳梗塞の原因となっています。

 

脳梗塞になると、脳の機能が低下することで、意識や感情を保つことが困難になったり、手足を動かしにくくなったりします。
しかも詰まりを放置しておくことで、こういった症状はどんどん悪化していくことになります。

 

そのため脳梗塞を発症した場合には、速やかに治療を受けることが必要となります。
脳梗塞の治療は、多くの場合は点滴によっておこなわれます。

 

詰まりの原因は、血液中のたんぱく質や脂質にあるので、点滴ではそれらを分解する薬が使われます。

 

点滴を続けることで、徐々に血液は流れやすくなり、細胞への栄養供給がスムーズにおこなわれるようになるのです。

スポンサーリンク

治療期間は、脳梗塞の度合いと、患者の年齢によって異なってきます。
比較的軽度の脳梗塞の場合、若く体力のある人なら、治療期間は1週間程度となります。

 

しかし軽度でも、高齢で血管が萎縮している人の場合、治療期間が1ヶ月ほどになることもあります。
また、脳梗塞がある程度進行している場合には、若い人でも治療期間は1〜2ヶ月になります。

 

高齢者の場合は治療期間がさらに長くなり、中には半年以上点滴を続けているという人もいるのです。
また、脳梗塞ではしばしば、血管の破裂によって出血が生じることがあります。

 

このような場合は、点滴ではなく、まずは出血を起こしている部分を塞ぐための手術がおこなわれます。
そして手術が終わってから、点滴による治療が開始されるのです。

 

点滴によって血液が流れやすくなれば、再度の破裂が防がれやすくなるからです。
手術をおこなった場合は、その分だけ治療期間は1ヶ月ほど長くなります。

 

また、人によっては5〜6ヶ月という長期間のリハビリが必要となることもあります。
リハビリによって、以前と同じように生活できるようになる可能性が高くなるのです。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。