脳梗塞 嚥下障害 回復

脳梗塞で嚥下障害が起こる原因/回復、リハビリ、対応について

スポンサーリンク

脳梗塞とは、脳動脈の閉塞や狭窄により虚血が起こり、脳組織が壊死してしまう状態のことを言います。
脳梗塞は脳血管疾患の死亡数の半数以上を占めており、寝たきりの原因の第1位です。

 

中高年で、高血圧や糖尿病、喫煙、大量の飲酒などの動脈硬化の危険因子を持つ人に好発しやすくなります。
発症すると片麻痺や感覚障害、失語症、失認、構音障害などの皮質症状や、意識障害がみられます。

 

脳梗塞には3つの病型があり、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症、ラクナ梗塞です。
このなかでラクナ梗塞は細い脳動脈に小さな梗塞が起こる状態のため、比較的予後は良好で回復しやすいと言われています。

 

しかし、脳梗塞は壊死した脳組織の場所や範囲などによって回復の度合いは異なり、あらわれる後遺症も様々なため、軽い脳梗塞といっても、病前のような状態に回復することが必ずできるとは限りません。

 

手術や薬での治療はもちろんのこと、発症後早い時期からのリハビリも重要です。

スポンサーリンク

脳梗塞が原因の後遺症のひとつに身体の麻痺がありますが、これにより嚥下障害が起こることがあります。
飲み込みに関する機能が上手に使えなくなってしまうのです。

 

そもそも嚥下障害自体は、筋肉などが衰え回復が難しい高齢者に起こることが多い障害です。
固いものが噛めないことも嚥下障害のひとつであり、他にも口の中で舌を使って上手に食べ物を送り込めなかったり、気管を塞ぐ蓋が動かしにくくなるため誤嚥してしまうなども嚥下障害です。

 

このような症状が脳梗塞の後遺症として出てしまうことがあるのです。
嚥下障害は加齢により自然回復できる範囲が限られることもありますが、リハビリで機能を回復していくこともできます。

 

リハビリでは口の体操で筋力を鍛えたり、飲み込みの力を高めたりもします。
姿勢が嚥下障害の原因になることもあるため、姿勢の調整も大切です。

 

また、ある程度回復しても嚥下障害が残っている場合には、食べ物を細かくしたりトロミをつけ、一口量を調整するなとで対応することもあります。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。