ラクナ梗塞 経過 予後

ラクナ梗塞の経過や予後はどうなる?/後遺症が残る可能性もあります

スポンサーリンク

脳の中の血管が破れることで、くも膜下出血が引き起こされるようになっています。
このときに血管が詰まることで発生するのが脳梗塞になります。

 

脳梗塞では、詰まる血管の場所や原因によっていくつかの種類に分けることができるようになっています。
この中で脳の太い血管から枝分かれをした細い血管の動脈硬化が原因となって発症するのが、ラクナ梗塞と呼ばれるものとなっています。

 

ラクナ梗塞では詰まる血管がほかの病気と比べて細くなっているという特徴があります。
したがって経過としては症状が比較的軽いことが多くなっています。
経過も良く予後もそれほど悪いということはありません。

 

ラクナ梗塞では症状が比較的軽くなっていますが、複数の箇所で繰り返し発症するという特徴があります。
自覚症状はそれほどなく、脳検査を行うことで発見されることが多くなっています。

 

ラクナ梗塞は、食生活の欧米化によって、高齢者だけではなく若い世代の発症も多くなっています。

スポンサーリンク

ラクナ梗塞の経過や予後が気になります。
経過や予後に関しては、半身麻痺が非常に多くなっています。

 

このほかに経過や予後に関しては、視界がかけてしまうという視野障害や、言語障害などが現れることもあります。

 

ラクナ梗塞は、経過や予後がよいということで、症状が軽く治療の必要がないこともあります。

 

しかし注意しなければいけないことは、小さな梗塞が増えることで、この部分の血液の流れが悪くなり、記憶や運動というように脳の活動にダメージが発生してしまう可能性があるということです。
この場合ラクナ梗塞の経過や予後はあまり良くないと考えられています。

 

認知症の症状を引き起こし可能性もあるので、専門医の治療を受け、抗血栓薬を使うようにします。
しかし高血圧の人は脳出血の可能性が高くなるので、予後のことも考慮して薬物治療に関しては慎重に相談をすることが必要になります。

 

水分不足は血液の粘度を高くするので、こまめに水分補給をすることが大切です。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。