脳梗塞 意識不明 回復 期間 余命

脳梗塞で意識不明の回復期間/余命はどれくらいなのか?

スポンサーリンク

脳梗塞にはいくつかの後遺症があります。
脳梗塞で意識不明の症状が現れることがあります。

 

意識不明の症状が現れる原因は次のようになっています。
それは心疾患を合併している場合となります。

 

大きな血の塊が太い血管を急に詰まらせた時には、突発的に意識不明の状態が発生するようになっています。
脳梗塞は急に発症して意識不明の状態となる可能性があるので、非常に恐ろしい病気となっています。

 

大きな脳梗塞の場合には、意識不明というような意識障害が発生する可能性が高くなっています。
それは広い範囲に脳浮腫が発生し、脳浮腫によって頭蓋骨の中で全体に脳が腫れた状態となってしまいます。

 

その結果、脳幹が圧迫されて意識不明の状態が発生するようになっています。
脳梗塞では意識不明の状態が回復する期間が気になります。

 

どの程度の割合で意識が回復するのかと言うことはわかりません。
脳梗塞を発症して初期の段階では、脳浮腫の影響を受けているのではっきりとわかりません。

スポンサーリンク

しかし脳梗塞の大きさや脳浮腫の程度、このほかに発症から治療までにかかった期間や年齢などに影響されると考えられています。

 

脳梗塞を発症して脳浮腫が見られるピークは1週間から2週間という期間となります。
個人差がありますが、脳浮腫が完全に消えるまでの期間は数ヶ月となっています。

 

したがって根気よく治療を行う必要があります。
意識が回復すれば次の治療へと進めることができますが、意識が回復しないときには余命が気になります。

 

植物状態になったときの一般的な平均余命は次のようになっています。
平均余命は3年という期間となります。
しかし最長で10年間という期間長生きした人もいます。

 

回復をせずに余命に関係する要因は次のようになっています。
それは年齢や栄養状態、このほかに脳出血や脳梗塞が活発になっているというようなことです。

 

全身状態の管理をしっかりと行うことができれば、回復し平均余命は3年程度となっています。
意識障害は回復しないということはありません。
長い期間を経て回復することもあります。

 

余命宣告をされてもあきらめずに治療をすることが必要です。
さまざまな聴覚刺激が脳を刺激し、余命を伸ばすことにつながります。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。