脳梗塞 入院 期間

脳梗塞の入院期間はどれくらい?/リハビリを含むと1か月程度

スポンサーリンク

脳梗塞は、脳の動脈が詰まったり狭くなったりすることで血の巡りが悪くなり、脳組織が壊死してしまうことを言います。
脳卒中の中のひとつで、脳梗塞の他には脳出血、クモ膜下出血などがあります。

 

脳梗塞は脳卒中の中でも最も発症率が高く、要因として、脳梗塞の危険因子である糖尿病や脂質異常症などが増加していることが挙げられます。
脳梗塞には3つの病型があり、症状や障害の程度も様々です。

 

安静時に発症することもあれば活動時に突然起こるものもありますし、重篤な症状になることもあれば軽度で予後が良好な場合もあります。

 

あらわれる症状は片麻痺、感覚障害、失語症、失認、失行、構音障害、意識障害などがあり、手術や薬などの治療を行うのはもちろんのこと、後遺症や合併症を防ぐためにも、発症後早い期間から入院中もリハビリを行うことが重要です。

 

リハビリは理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが、それぞれの障害に合わせて必要な治療を行います。
重篤であればリハビリの期間は長く、軽度であれば期間は短くなることが多いです。

スポンサーリンク

脳梗塞を発症すると、まず急性期の病院へ入院します。
そこで手術や薬での治療を実施します。

 

中には脳梗塞を発症して時間が経ってしまうと実施できない治療法もあります。
入院中は急に状態が変わることもあるため、変化に注意しながら少しずつリハビリを進めていきます。

 

入院期間は数日から数週間が多いです。
目安として1か月程度をみておきましょう。
症状が軽度であれば自宅へ退院することもありますが、リハビリを継続する場合は回復期の病院へ入院します。

 

入院期間は数ヶ月のことが多く、リハビリ内容も色々です。
リハビリで機能を回復することもありますが、後遺症が残ってしまうこともかなりあります。

 

 

リハビリ期間はおよそ150日となっています。
重症の場合には180日程度の入院によるリハビリを行うことがあります。
軽症の場合には2週間程度で済むこともあります。

 

そのため後遺症があっても生活ができるように練習したり、家族にどんなことに気をつければ良いかアドバイスするなど、退院後のことを検討する期間でもあります。
回復期のあとは自宅へ退院となったり、療養型の病院へ入院したり、施設へ入るなど状況によって変わってきます。

 

この頃には症状は固定してしまうことが多いですが、外来などでリハビリの期間を継続することで、さらに回復する場合もあります。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。