脳梗塞 後遺症 怒りっぽい 性格 原因

怒りっぽい性格…原因は脳梗塞の後遺症かも/人格が変わることがある

スポンサーリンク

とても穏やかな性格だった人が、病気を機に一転して怒りっぽい性格になることがあります。
原因のひとつとして、脳梗塞の後遺症が考えられます。

 

脳梗塞とは、様々な原因により脳の血管が詰まって血流が滞ってしまい、酸素や栄養が行き届かなくなった部分の脳機能が障害される病気です。

 

私たちの脳はとても精密にできていて、その部位によって果たす役割は様々です。

 

手足の運動をつかさどる部分が障害されれば、後遺症として手足の麻痺、しびれが残ります。
言語をつかさどる部分なら言葉に、食事をつかさどる部分なら嚥下機能に後遺症が残ります。

 

怒りっぽい性格と関連しているのは、脳の前頭葉という部分です。
ここはとても大切な部分で、人の感情や認知機能といった性格と非常に関連深いものをコントロールしています。

 

脳梗塞を発症してこの部位が障害されると、感情の歯止めがきかず周囲に怒りっぽいという印象を与えてしまうことがあります。

 

これまで理性でコントロールできていたことが、脳梗塞が原因で上手にできなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

血液の流れをよくする薬で治療したり、リハビリを行うことで、脳梗塞の後遺症は軽くなるかもしれません。
脳梗塞の原因になる病気(心臓の病気や動脈硬化など)があればそちらも並行して治療していきます。

 

怒りっぽい性格も改善する可能性は十分あります。
治療により原因病巣が小さくなったり、脳の腫れがおさまってくると、時間とともに後遺症は変化します。

 

発症から間もない時は怒りっぽい性格が目立っていた人でも落ち着いてくることがあります。
前頭葉の活動を促すような適切なリハビリを受けることで怒りっぽい症状が落ち着く場合もあります。

 

後遺症が重いと、本人も家族も落ち込んでしまうでしょう。
しかし、リハビリの世界では、脳梗塞の回復をあまり短いスパンでは考えません。

 

半年でもまだ回復の見込みはあると考えられていますし、特に性格に関連深い前頭葉が原因で起こる症状については、年単位で経過を見ることもあります。

 

一方、脳梗塞が重度だと後遺症も重度になることが多く、原因疾患の治療やリハビリを行っても、残念ながら思うような結果にならない場合もあります。
そんな時は周囲の理解と言動が大切になります。

 

怒りっぽい性格は本人が混乱している時や焦りを感じた時など、余裕がないときに認めやすくなります。
環境を整えたり、声掛けひとつで変わることもあります。

 

リハビリの先生は日常でのちょっとしたコツをたくさん知っていますので、聞いてみるとよいでしょう。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。