脳梗塞 後遺症 残らない

脳梗塞でも後遺症が残らないこともある/可能性はどれくらい?

スポンサーリンク

脳梗塞は日常生活動作に大きな影響を与えるような状態が残ってしまうという印象があるかもしれませんが、その限りではありません。
後遺症が残らないような軽い程度の状態もあるので、予後についての説明は医師からきちんと受けましょう。

 

 

【脳梗塞への一般的な考え】

脳梗塞は日常生活に重篤な障害を残すというのが一般的。
日常生活動作にも影響し、後遺症に悩まされるというのが広く知られている情報ではないでしょうか。
でも、後遺症が残らないような状態も存在します。

 

脳梗塞が起こったことさえ気づかずに過ぎてしまうこともあり、何らかのきっかけでCTやMRIを撮影した時に、小梗塞が起きていたということを知らされることもあるはずです。
症状が軽い場合や処置が早かったなどの一部で残らない可能性があります。

 

【脳梗塞で後遺症が出る理由】

脳梗塞は発症した部位によって後遺症が出現する確率が異なります。
脳機能は人の体や思考など、あらゆる指令を出す部分。
そこが障害されることで、毎日の生活が不自由になってしまうのです。

 

その程度は梗塞で被害を受けた脳の範囲が関係します。
運動機能など日常生活に爪痕を残すこともありますし、言語機能が障害されることもあるでしょう。
一方で、後遺症が残らないということもありますし、最初は不具合が多くても、リハビリテーションによって不都合が残らないという状態に繋がります。

スポンサーリンク

【リハビリテーションも回復に貢献する】

脳梗塞を起こしても、発症当初に出現した症状を残さないようにする可能性はゼロではありません。
その後のリハビリテーションを継続して行うことで、周囲からは後遺症が残らないという判断をされるかもしれません。

 

脳梗塞は脳の機能に障害を与えますが、拘束が起こった場所によって状態が異なります。
生命維持に必要な部分が冒されてしまうと命を落としますが、それ以外の部分が障害されると、行動や言語機能の低下が起こります。
それを改善するのがリハビリテーションなのです。

 

全く後遺症が残らないのは全体の20%ほどになります。

 

 

【まとめ】

脳梗塞は障害された場所によって、後遺症が残らないことも少なくありません。
もしくは、発症後の懸命なリハビリテーションによって、日常の困り感を解決できるケースもあるので、前向きに症状が残らないよう、回復へ向けた行動を起こすべきです。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。