脳梗塞 リハビリ お見舞い品 おすすめ

脳梗塞リハビリ中の人へ渡すおすすめの「お見舞い品」

スポンサーリンク

脳梗塞を患ってリハビリを行っている人に対して、お見舞い品を差し上げる時には内容を十分吟味するべきです。
相手にとって不利益を与えるようなものを避けて、周囲からも喜ばれるものを選択するように心がけましょう。

 

 

【脳梗塞リハビリ中の方に気を付けるべき点】

脳梗塞リハビリ中という場合には、食事に関する指導を受けている可能性があります。
嚥下障害を伴っているのであれば、お見舞い品は食べ物を避けるのがおすすめ。

 

相手にかえって気を遣わせてしまうでしょうし、自分の障害のせいで食べることができないというダメージを与えるのは好ましくありません。

 

 

お見舞いのおすすめとしては、実用的なものを贈答品として用意しましょう。
タオルなどは入院中に使用する頻度も高いので、脳梗塞のリハビリを行っている方への配慮を意識して、相手の状況を踏まえたものを選択するというのが基本です。

 

スポンサーリンク

【花をお見舞い品にするべきではない】

脳梗塞の方に限らず、花をお見舞い品として持参するのはおすすめできません。
病院としても持参を抑制しているところが増えています。
アレルギーの方が居たり、臭いで不快に思ってしまう人もいるので、お見舞い品には適さないことを知っておきましょう。

 

 

おすすめできない理由はほかにも存在します。
脳梗塞のリハビリで入院している場合には、日常生活動作もままならないという方もたくさんいます。
そんな状態で水を取り替えなければならない花をお見舞い品にしても、かえって手間を増やしてしまう結果を招きます。

 

 

【お見舞い品を相手にセレクトすることのおすすめ】

脳梗塞リハビリ中の方にお見舞い品を差し上げる場合、相手に選んでもらえるようなカタログギフトを用意するのもおすすめです。

 

本当は自分で選んで持参するというのが、相手にも「心配しています」というアピールにもなるのでしょうが、どんなものが必要なのかがわからない時には、渡す品を自分で選ばないということも最近は流行です。

 

 

【まとめ】

脳梗塞リハビリ中の方にお見舞い品を渡すのであれば、おすすめは実用的なものを選択するのが良いでしょう。
食べ物は発症後に生じることがある嚥下障害などの影響もあるかもしれないので、できるだけ持参しないように気を付けましょう。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。