脳梗塞 前兆 味覚障害

脳梗塞の前兆で味覚障害が出現する可能性/気を付けたい症状

スポンサーリンク

脳梗塞の前兆として、料理の味が急にわからなくなったという味覚障害を呈することがあります。
脳で味覚の関わる部分があるので、食生活から健康を害するリスクの有無を探ることもできるのです。
その傾向さえ分かっていれば、医療に繋げるタイミングを逃しません。

 

 

【味覚の変化が前兆になるかもしれない】

脳梗塞によって味覚を司る部分が障害されると、食事を摂取しても「美味しい」という感覚を忘れてしまいます。
最悪の場合には「苦い」という感覚が強くなるなど、味覚障害は食事への意欲を低下させてしまします。

 

前兆として味覚障害が起こることで、脳梗塞を疑うことも可能です。
いつもと変わらない食卓を囲んでいる時に、急に食の嗜好が変わった時には要注意。
医療機関を受診して、味覚の検査を行ってもらうなど、脳梗塞を否定するための情報を集めましょう。

 

 

【脳神経が関係するから疑いが持てる】

味覚障害が起こっているということは、脳機能にダメージを受けている可能性があります。
脳梗塞になることで、味覚がわからなくなるというケースは少なくありません。
前兆として押さえておくだけでも、疑いを持つことができるでしょう。

 

【味覚の検査方法】
味覚検査は耳鼻咽喉科を受診すると、電気味覚検査などで味覚障害の有無を判断できます。
血液検査を行って、味覚に関係する亜鉛が不足していないかを確認することも重要です。
脳梗塞の前兆として確認することができると、それだけでも今後の対応が明確化します。

スポンサーリンク

【前兆を見逃さないのは周囲の役割】

自分では認識できていなくても、周囲が脳梗塞の疑いを持つことができるかもしれません。
味覚障害だけでなく、前兆になるようなものをピックアップしておくだけでも、その可能性と照らし合わせて医療機関受診の判断が行えます。

 

脳梗塞は発症すると自分では医療機関に伺うことができない状態に陥ってしまうことも多いのが現状。
周囲が前兆に早く気づき、すぐに医療的な措置を検討できると、それだけでも重症化を予防できます。

 

 

【まとめ】

脳梗塞は味覚障害などの前兆をきたすケースが多く、日常生活で健康状態から逸脱する傾向が少なからず見えてきます。
本人が気づかないこともあるので、周囲が健康に気を配り、いつもと違う状態があれば医療機関の受診を勧めましょう。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。