脳梗塞 後遺症 人格障害

脳梗塞は人格障害の後遺症を残す可能性あり/原因と対処方法について

スポンサーリンク

脳梗塞は後遺症として様々な障害を残します。
その一つが人格障害です。
今までとは違って人への興味を示さなくなる形骸化をはじめ、性格が180度変わってしまうようなこともあり、周囲の適切なサポートが必要になります。

 

【人格が変わってしまう原因】

感情をコントロールしたり、記憶、学習、判断などは脳の機能によって行なわれています。
これらを高次脳機能障害と言います。

 

脳梗塞によって脳に損傷が起こり、記憶障害や注意障害、失語障害などの症状が起こります。
さらには性格が変わってしまうということも起こりえます。
怒りっぽくなることが多いようです。

 

【後遺症で人格障害があると困ること】

脳梗塞後に人格障害が後遺症として起こると、周囲が以前との違いに戸惑ってしまうことがあります。
同じように接していても全く違った人に感じてしまうほどの変化があるので、サポートする側は新たな状態を受け入れる心の準備が必要です。

 

人格障害は必ずしも起こるわけではありませんが、脳梗塞後に人格の形骸化が進んでしまうと、すさんだ性格の毎日が訪れます。
自分が困るというよりは、周囲で接している人がギャップに苦しみ、「どう接すればよいかわからない」という気持ちになるのでしょう。

スポンサーリンク

【周囲のサポートが必要】

脳梗塞は自立した生活を送ることができない状態で、周囲からのサポートを受けて成り立つという状況が多く存在します。
そんな時に後遺症で人格障害が生じているのであれば、昔のように接していても相手は同じようなリアクションをしてくれません。

 

新たな人物のイメージを作ることこそ、周囲ができる細やかなサポートへと繋がります。
自分自身が気を付けるのではなく、接する人がどのような配慮を行うべきかを考え、それを実践するのが脳梗塞後のサポートです。

 

 

【後遺症で人格障害が起こる恐ろしさ】

脳梗塞の後遺症で人格障害という状態が起こる可能性を秘めていますが、それによって日常的なコミュニケーションが円滑に行えなくなってしまうかもしれません。

 

後遺症で人付き合いができなくなってしまうと、孤立した生活が人との関係性を阻みます。
誰とも付き合いをしたくないという訴えがある時には、そのまま受け入れるのではなく、最善策が何かをじっくりと考えるべきです。

 

 

【まとめ】

脳梗塞で人格障害のような後遺症が残る時には、相手の意見も踏まえた上で、日常生活に支障をきたさない程度の社会参加も行うべきです。
積極的に話しかけながら周囲がサポートを行うことが、発症後の人格形成には大切です。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。