脳梗塞 後遺症 むせる

脳梗塞の後遺症でむせることがある/嚥下障害が起こる原因と対処方法

スポンサーリンク

脳梗塞を発症すると、あとの生活で生じる様々な不都合を解消しなければなりません。
食事中にむせるのであれば、後遺症として嚥下障害も合わせてフォローするのがおすすめです。
毎日の楽しみにも繋がる食事は、快適であることも重要です。

 

 

【脳梗塞後のむせる後遺症は評価が必要】

脳梗塞後にむせる状態が続くようであれば、後遺症として嚥下障害が生じているかを評価しなければなりません。
脳梗塞で入院している期間に、食事摂取に関する評価が成されているでしょうから、その当時とのギャップを調べるのも有効です。

 

嚥下障害が起こっていると、食べ物や飲み物でむせる状態が後遺症として生じます。
リハビリテーションによって嚥下するタイミングをもう一度修正することで、むせる後遺症を軽快・消失させられるかもしれません。
まずは現在の評価を行うことから始めると良いでしょう。

 

 

【むせる要因は人によって異なる】

飲み込みの問題なのか、食塊を形成する段階で問題があるのか、それとも送り込みの問題があるのかによってもむせる状態が異なります。
脳梗塞といっても不自由になる部分は人それぞれ違います。

 

飲み込むタイミングがズレてしまっている場合もあるでしょうし、舌の動きが悪くなって、うまく飲み込むまでの準備ができていない場合もあるでしょう。
こうした後遺症の評価を行うことで、むせる問題が解決できます。

スポンサーリンク

【地道なリハビリテーションが重要】

脳梗塞後のリハビリテーションは、地道に実践しながら元の機能を取り戻すアプローチが必要です。
すぐに後遺症が改善するのではなく、少しずつ成功体験を積み重ねることで、元の生活では意識していなかった機能が回復します。

 

食事は栄養摂取の大切な時間です。
それを自分で食べておいしいと感じられることは、当たり前のように思うかもしれないですが、幸せなことなのです。
それを脳梗塞によって気づかされる人は、当事者のみならず家族にも波及するはずです。

 

 

【まとめ】

脳梗塞の後遺症でむせる状態がある時には、嚥下障害の評価をお願いしましょう。
発症後にフォローしてもらっていたところに行くと、現時点での評価が行われます。
問題が生じているのであれば、リハビリテーションによって機能回復を目指しましょう。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。