脳梗塞 前兆 自己診断 チェックリスト

脳梗塞の前兆を自己診断できるチェックリスト

スポンサーリンク

 

脳梗塞の前兆を疑うことができる自己診断のためのチェックリストを把握しておくと、医療機関を受診するタイミングを逃さずに判断できます。
不具合が多くならないうちに、積極的に現状把握をしていく働きかけを行いましょう。

 

 

【脳梗塞を自己診断するなら】

 

脳梗塞のリスクを疑うのであれば、前兆を自己診断するチェックリストを自分なりにまとめておきましょう。
脳機能に影響を及ぼすことで、様々な症状が出現するのが脳梗塞
その疑いは発症前に前兆として出ている可能性があるため、それを自己診断する術を持っておくべきです。

 

 

チェックリストはインターネットで脳梗塞についての情報を収集することで把握もできますが、せっかくなら強く疑う要素を頭に入れるべきではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

【脳梗塞の前兆チェックリスト】

 

脳梗塞の前兆としてチェックしておきたい項目はいくつか存在します。
それをチェックリストにしておくだけでも、自己診断をつけて医療機関の受診に対する判断が早められます。

 

 

前兆のチェックポイントとしては、手足をはじめとした部分に麻痺や痺れが生じていないかや、感覚が鈍くなっていないかを確認するべき。
その他にも言語面での不自由さを感じたり、めまいや頭痛、見え方や味覚の異常など、感覚異常が生じていないかを確認しましょう。

 

【FASTでチェック】

 

FASTと呼ばれるチェック方法があります。

 

F=FACE(顔):顔の痺れ、麻痺をチェック
A=ARM(腕):腕の痺れ、麻痺をチェック
S=SPEECH(言葉):言葉の異常をチェック
T=TIME(時間);即時救急車を呼ぶ

 

こちらの3つの症状が出ている場合には脳梗塞の疑いがありますので注意しましょう。

 

 

【医療機関受診が明確な判断に繋がる】

 

脳梗塞はいくら前兆のチェックリストを活用できたとしても、本当に発症しているかを調べるには症状の有無を医療機関で調べなければなりません。

 

 

画像診断で血管が梗塞を起こしているかを把握できるため、診断が難しいことはありません。
むしろ、明確に病巣が確認された場合には、すぐにでも手術を実施するなどの措置が取られるかもしれません。

 

 

【まとめ】

 

脳梗塞は自己診断が行えるチェックリストを自分で持っておくだけでも、受診のきっかけを判断することが迅速になります。
ただし、あくまで前兆を自己診断するためのものなので、確定させるのは医療の力を借りなければなりません。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。