脳梗塞 嚥下障害 メカニズム

脳梗塞において起こる嚥下障害のメカニズム/リハビリの種類は?

スポンサーリンク

死亡率の高い脳の病気のメカニズムをご存知でしょうか。
脳梗塞と嚥下障害にはどのような関係性があるのでしょうか。
脳の影響とメカニズムを考えてみると分かります。

 

 

【○○率が高い病気】
日本人の死因の多くを占めている脳の病気である「脳梗塞」、いつ自分にも起こるか分からない恐怖、そして死亡率が非常に高いことを考えると、やはり詳細とそのメカニズムについて知っておいた方が良いと思えるでしょう。
脳梗塞がどのような状態なのかというと、いわば脳の血管が詰まっている状態です。
脳は、いつも血液から運ばれてくる酸素を必要としています。
その流れが滞ってしまうと、脳細胞も損傷を負いますから、その影響で体の様々な部分に影響が見られる場合があります。
その症状の一つが、嚥下障害です。
嚥下障害の原因に対して脳梗塞(脳卒中)は非常に多くの部分を占めています。

 

 

【本当は怖い症状】
嚥下障害とは簡単に言うと、上手くものを飲み込めない状態のことです。
私達はものを食べる際には、『口に入れる』、『噛む』、『飲み込む』という一連の動作をしますが、嚥下障害はこれらの動作いずれかに障害をきたします。

 

スポンサーリンク

【精神的な要因も?】
嚥下障害のメカニズムは、その原因から分類できます。
そもそもものを飲み込む動作を行う部位に異常がある場合、精神的な要因が関係している場合もあります。

 

しかしそれらのうちどれでもない場合は、神経系統に異常がある場合、これに脳梗塞による嚥下障害も含まれます。
逆に言えば、脳に異常がない場合でも他の要因によって嚥下障害が引き起こされる可能性があるので、一概にすべてを脳の異常、と判断できるわけではありません。

 

【リハビリ方法】
嚥下リハビリは肩や頸部、口腔の運動、喉のアイスマッサージ、発声訓練などが行われます。
これらのリハビリを6週間ほど行っていきます。

 

 

【普段の生活の影響】
脳梗塞のメカニズムを考えてみると、やはり私達の普段の食生活が非常に重要なことが分かります。
どれだけ忙しい日常を過ごしており、そのせいでバランスの良い食生活がおろそかになっていたり、高血圧や高脂血症などになっているなど、脳梗塞のリスクを上げてしまうような生活はぜひとも避けたいものです。
脳梗塞のメカニズムを理解することで、嚥下障害などこれが原因によって引き起こされる症状のことも理解することができます。

 

 

脳と嚥下の関係を考えてみると脳梗塞における症状のメカニズムについても分かります。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。