脳梗塞 手術しない 治療 方法

脳梗塞で「手術をしない」治療方法はあるの?/A、「あります」

スポンサーリンク

非常に死亡率が高いとされている脳梗塞、手術しないで治療する方法はあるのでしょうか。
そもそも、手術しないという選択肢はあるのでしょうか。

 

 

【死亡率トップ5の病気】
脳梗塞は非常に死亡率の高い病気です。
脳梗塞は脳の血管が詰まってしまう病気ですが、日本でも死亡率トップ5の中に入る脳梗塞です。全く予兆や原因がなく、偶然脳の血管が詰まってしまうことなどありません。

 

やはりそこには、日々の生活のツケが周っている、と言っても過言ではありません。
なぜなら、高脂血症や高血圧、そういった生活が基盤となって発症する病気に起因して、血液がドロドロになり脳梗塞を起因させる可能性があるからです。

 

 

【手術しなければ…】
どんな病気でも、やはり治療段階において手術しないで終わる、というのが精神的にも、金銭的にも理想かもしれません。
しかしやはり、事が緊急を要する場合など、手術しないという方法を選べないこともあります。
当然ながら、脳梗塞の治療には、手術という段階がどうしても入ってきます。

 

脳梗塞は、既に脳に必要な血液が送られておらず、幾分か壊死が始まっている段階なので後遺症が残る可能性がありますが、当然ですがそれは手術しない理由にはなりません。
ただし、治療において特定の血栓を溶かすための薬を用いることがあります。

スポンサーリンク

【治療について】
脳梗塞の治療は、基本的にはカテーテルという、細い管を用いた手術方が一般的です。
手術と言っても頭を切開するようなものではありません。
カテーテルを足の付け根の血管から入れて血栓ができて血流が滞っている場所を広げる治療方法です。

 

血栓を溶かすための薬には、リスクがあります。
しかし、どのような場合においても非常に高いリスクを持っていることには変わりありませんから、当然治療方法についても知っておきながら、予防するための方法も実践するということが必要です。

 

 

【何よりも優先すべきこと】
この病気のリスクは他の病気と同様、いえそれ以上に、いわゆる生活習慣の影響を濃く受けます。
私達はこの面でそれをおろそかにしがちですが、今からでも実践しないと、無意識にこの脳梗塞リスクを上げてしまっているかもしれません。
方法としては、やはり食生活の改善が一番です。
今まで血液をドロドロにしてしまうような食習慣が普通になってしまっているなら、これからは血液をサラサラにするような食習慣を身に付けることが、リスクを避ける予防方法における、一番の近道になります。

 

 

【まとめ】
命に関わる病気は手術しないという選択肢を選べないこともありますが、この病気に関しても、多くの場合治療において命を救うことになるのはカテーテル等を用いた手術という方法です。
基本的に手術しないという選択肢は厳しいですが、血栓を溶かすための薬が用いられることがあります。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。