脳梗塞 後遺症 眠気

脳梗塞の後遺症で眠気が起こる?/前兆としても起こる可能性あり

スポンサーリンク

脳の病気、脳梗塞には前兆となる症状と、特徴的な後遺症が発生する場合があります。

 

 

【失われるもの】
脳は私達の生命維持活動に欠かせない部位です。
血液を送り出す役割を持っている心臓も欠かせませんが、脳がなければ人間としての機能を果たすことはできません。
しかし、脳内の血管が詰まるなどの理由で脳細胞が破損し、本来の動作ができなくなることがあります。
それが、『脳梗塞』です。

 

 

【当たりまえのことができない?】
脳梗塞は、日本人の死因の5本指に入るほど死亡率が高く、発症してからも対策が難しい病気の一つです。
また、治療によって生命が救われてからでも、後遺症が出る場合もあります。
後遺症の代表例として、脳に損傷があるために、話すことや歩くこと、その他基本的な運動に支障が出る場合があります。

 

後遺症にはその他の様々な症状も考えられます。
もちろん後遺症の事も知っておくべきですが、私達が本当に気をつけなければいけないのは、脳梗塞の『前兆』です。
命に関に関わる脳梗塞の前兆には、どのような症状があるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

【「気付く」大切さ】
病気の前兆を『知る』ことだけでなく、『気づく』こと、これが大切なのは、早期治療ができる、ということが含まれます。
眠気は、誰もが感じることです。

 

習慣的に寝る時間になったら眠気が訪れるのは当然のことですが、これを頻繁に感じるようになると危険かもしれません。
通常の生活を送っている人でも、眠気は感じますが、前兆としての眠気は、寝不足していないのにも関わらずひどい眠気、倦怠感を感じるようになったり、眠気と併発し得る症状として、うまく言葉がでてこない、ろれつが回らなくなる、うまく歩けなくなる、などの普通では発生しない症状が頻発することがあります。

 

こういった症状を感じている方は、早期発見のためにも、もし結果的にそうではなかったとしても、早めに病院を受診するべきです。

 

 

【知ることの大切さ】
体の臓器は、異常が発生すると何らかのサインを出すことが多くあります。
しかし、脳は命に関わる症状が発生するまで気付かないこともあります。
まさに、『沈黙(の臓器)』なのです。
この病気に関係する眠気などの前兆、そして後遺症、私達には関係がないと決めつけるのではなく、誰もが知っておく、という点が大切です。

 

 

【まとめ】

寝不足していないのに酷い寝不足やだるさを感じるのは脳梗塞の危険な兆候かもしれません。
脳梗塞は治療後も、後遺症が残る危険性がありますので食生活によって予防したいものです。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。