脳梗塞 遺伝 確率

脳梗塞が遺伝する確率はどれくらい?/発症リスク原因が受け継がれる

スポンサーリンク

癌や心筋梗塞と並んで死因の上位にランキングする脳梗塞
遺伝的な関係はあるのでしょうか。
起こる確率、原因や兆候、予防策をご紹介します。

 

 

【脳梗塞ってどんな病気?】
日本人の死亡原因にどんなものが多いか知っていますか?1位は、です。
そして第4位が脳血管疾患と言われており、その過半数が脳梗塞で、脳の血管の中に血栓や塞栓ができたことで血管をふさぎ、脳内に送られるべき酸素が不足することで、脳細胞が壊死することが原因で引き起こされます。
とくに子供に遺伝することはないようです。

 

 

【原因と遺伝的確率】
高血圧、高脂血症、糖尿病、心臓病などの持病がある方は脳梗塞になる確率が高いので日ごろから注意しましょう。

 

脳梗塞は遺伝するのでしょうか。

答えはノーです。

 

遺伝することはないと言われています。
しかし、原因となる高血圧には、遺伝する可能性があります。

 

高血圧が原因で起こる確率が高いので、同じ食卓に並ぶ塩分高めの食事をとり続けていると家族全員脳梗塞になりやすくなります。
遺伝を気にするよりも規則正しい環境を心がけることが大事です。

 

スポンサーリンク

【前兆を見逃すな】
実は、40代では30%の確率で一過性脳虚血発作になると言われています。
50代では確率も50%に上がります。
これは、脳の血管が一時的に詰まることで起こりますが、通常は1時間以内に元の状態に戻ります。

 

ただ、これを繰り返すことで脳梗塞が引き起こされる確率がぐんっと上がります。
重症になると命にかかわります。
重い後遺症に悩まされることも。

 

前兆を見逃さず、早急に病院で治療を受ければ重症化を防ぐことができます。
前兆として、ろれつが回らなくなる、片方の手足がしびれる、すんなりと言葉が出てこない、顔に麻痺が感じられるなどです。
自分で病院へ行ける軽度のものならすぐにタクシーで病院へ向かってください。
しびれや麻痺でふらつくようなら躊躇せず救急車を呼びましょう。

 

 

【人間ドッグで予防しよう】
人間ドッグを受けていますか?すごく小さな初期段階のものもMRI検査などで発見することができます。
健康だし大丈夫!と驕らず、毎年検査を受けましょう。

 

脳梗塞の原因に、動脈硬化があります。
飲酒、喫煙、塩分糖分の取りすぎ、たばこには気を付けましょう。
運動中の水分補給は多めにとると血液がサラサラ状態が保てますよ。

 

 

【まとめ】
脳梗塞あは、兆候が出なく、一気に重症化することも多いので、忙しいからと後回しにせず必ず年に1度は病院でMRI検査をしてもらいましょう。
日々いろいろなストレスと戦い、それをたばこや暴飲暴食で発散している方は、スポーツをするなど健康的なストレス発散法に切り替え、体を楽しくメンテナンスしましょう。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。