脳梗塞後 飲酒 アルコール 再発 リスク

脳梗塞後の飲酒と摂取するアルコールは再発のリスクに関係する?

スポンサーリンク

日本人の死亡原因高順位に位置することの多い脳梗塞は、事前に診断されることが少なく、症状が表れて初めて発症していることを知る人も多い病気です。

 

また、重度になると障害が強く現れたり、完全に回復せず後遺症として残ってしまう恐れもあります。
怖いイメージの強い脳梗塞後、一見すると体に悪いようなイメージの強いアルコールが実は再発の予防効果を持っています。

 

 

【脳梗塞とは】
脳梗塞とは、脳卒中の一つです。
脳卒中とは、頭の中の血管が詰まったり、切れたりすることにより起こる疾患です。
その中でも、血管が詰まることにより起こる疾患を脳梗塞と呼びます。

 

脳の血管が狭くなったり、詰まったりすることで、脳へ行き渡るはずの酸素やエネルギーが上手く供給されず、障害が起こります。

 

脳梗塞の場合、その多くは脳細胞に何らかのダメージが起こり、症状として表れた後に発見されることが多く、死亡原因の中でも上位に挙げられます。

 

 

【脳梗塞後の治療】
脳梗塞後はその発症後の時間から見て、それぞれ治療方法が異なります。
主に薬を用いて治療は進められ、症状が落ち着くにつれて、無理のない範囲で体を動かすリハビリなども混ぜて日常生活への復帰を目指します。

 

スポンサーリンク

【脳梗塞後の再発リスク】
脳梗塞にはいくつかタイプがあります。
それによって再発リスクや重症度、服用する薬の種類が異なります。

 

最も再発リスクが高いのが心原成脳塞栓症です。
症状も重く、死亡率も高くなります。

 

また、タイプによって、再発リスクが高まる時期も異なります。
そして、高血圧や糖尿病といった基礎疾患を持っている人は、持っていない人に比べて再発リスクが高い傾向にあります。

 

 

【脳梗塞後の飲酒による、アルコールが及ぼす影響と再発リスク】
脳梗塞後の過度な飲酒によるアルコールの摂取は勿論、血圧などにも影響し体にあまり良いとは言えません。

 

しかし、全くアルコールを断つ必要があるかというと、実は飲酒によって脳梗塞の予防ができるという実証結果もあるため、一概に飲酒をやめた方がいいとは言えません。
寧ろ、適度な飲酒によるアルコールの摂取は、再発リスクを下げる可能性があるのです。

 

これは、酒類に含まれるアルコールに血管を広げる効果があるため、血流を良くする効果がある為です。
そして、飲酒により善玉コレステロールも増え、嗜む程度の飲酒は健康にも良い効果をもたらします。

 

お酒は百薬の長と言われていますが飲み過ぎはNGです。

休肝日を設けたり、適度に楽しむ程度にとどめることが大切です。

 

【まとめ】
脳梗塞後の飲酒によるアルコールの摂取は、再発リスクを軽減する効果があります。
勿論、適度な量でコントロールすることが大切ですが、お酒が好きで飲むことを楽しみとしている人にとって、禁酒という選択肢だけではなく、量をコントロールしながらストレスも少なく予防することも可能です。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。