脳梗塞 後遺症 うつ 治療 関係

脳梗塞の後遺症「うつ」/推測される原因は心因説、脳障害性の2つ

スポンサーリンク

脳梗塞の治療・手術を行った後でも、後遺症が残る場合があるのでしょうか。
「うつ」と後遺症はどのような関係性があるのでしょうか。

 

 

【病気の影響】
脳梗塞という、脳の血管が詰まり脳が必要としている酸素を含んだ血液が受け取ることができず、脳が酸欠状態になり脳機能が失われてしまう、そんな恐ろしい病気の死亡率が高いのは、驚くべきことではありません。
そして、治療によって命が救われたとしてもその後の生活に影響を及ぼすような後遺症が残ってしまうことがあります。

 

たとえば、言葉がうまくしゃべれなくなるとか、歩行に困難をきたす場合があるなどの症状は良く聞きますが、いわゆる「うつ」状態になるなど、病気の治療後も精神的な面でも影響を及ぼすことがあります。

 

 

【うつとの関係?】
なぜ治療後にうつ症状を発症してしまうのでしょうか。
考えられる原因としては、まず後遺症等により体に不自由が発生したことによるもの、また直接的に脳機能が低下及び失われたことによるものなどが考えられます。

 

今まで出来ていたことが行えなくなるストレスもそうですが、うつ(に見える)症状が脳の機能が低下したことに起因する場合もあります。

 

原因は大きく分けて2つ

・後遺症が起こり精神的に落ち込んでしまうこと
・脳にダメージを受けたこと

 

スポンサーリンク

【症状の多様さ】
脳梗塞の治療後の後遺症も含め、いわゆる「うつ」症状といっても、多様な症状があります。
何事にも気分が乗らなくなる、やる気がなくなる、といった症状だけでなく、幻覚・幻聴が聴こえる、被害妄想に取りつかれる、などの症状もこれに含まれます。

 

これらの症状は、いわゆる「認知症」を起因としている場合もありますが、脳梗塞の後遺症におけるうつ(と類似する)症状として現れることもあります。

 

 

【行えるべきこと】
このようなうつもふくめた様々な後遺症を発症することのある脳梗塞、原因となる病気の改善、または発見が早いか、治療が早くできるかどうかにおいても術後の経過は変わってきます。
当然ながら、食事なども生活主幹もそれに影響します。

 

私達は確かに「なんとなく」栄養をまんべんなく摂取する必要は分かっていますが、それは脳梗塞のリスクを低下させることにも繋がることを考えると、より自分が行えることが沢山あることに気付くかもしれません。

 

 

【まとめ】
脳梗塞治療後の後遺症として見られるものにうつ症状があります。
その他今後の生活に影響を及ぼすような後遺症も考えられるため、何よりも予防が大切です。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。