脳梗塞 後遺症 しびれ 治療

脳梗塞の後遺症「しびれ、麻痺」に対するリハビリ治療方法

スポンサーリンク

脳梗塞とは、脳の血管が詰まることで身体的麻痺や言語障害、嚥下機能の低下などの後遺症が起こる病気です。
脳梗塞後遺症の身体的麻痺は、脳組織の損傷の程度によって、完全な麻痺になることやしびれが生じる程度で済む場合もあります。

 

病状によっては、肩や手の痛みを生じるしびれや、手先だけのしびれなど、様々な症状が出ることがあります。
脳梗塞の後遺症は回復する場合もありますので、発症から3ヶ月程度は集中的な治療やリハビリテーションを続けるのが一般的です。

 

特に発症直後には、しびれが強いため、強い苦痛を生じますが、そのような状況でも早期にリハビリテーションに取り組むことが重要です。

 

脳梗塞は、急性期の治療が終わった段階で、集中的なリハビリテーション治療に移行します。
点滴や注射などによる治療ではなく、脳梗塞後遺症に対する取り組みに切り替わります。

 

リハビリテーションをしなければ、どんどん症状が進み、しびれも回復することはありません。
それだけ早期のリハビリテーションが重要になります。

スポンサーリンク

脳梗塞の後遺症に対しては、発病後に入院してリハビリテーションを受けることが重要です。
これは回復期リハビリテーション病棟という病棟で治療するのが望ましいです。

 

この病棟は、脳梗塞発病後2か月以内に限り入院できる病棟です。
入院期間は最大で5か月間から6か月間で、医師の定める入院期間をリハビリテーションに費やします。

 

早く退院したいからと、早期に退院してしまうと外来ではリハビリテーションを受ける機会はほとんどありません。
そのために、脳梗塞の後遺症に対しては、できる限りじっくり入院治療に当たるのが望ましいです。

 

しびれは、理学療法と作業療法の両方のセラピストとともに、治療していきます。
回復期リハビリテーション病棟では、365日訓練できる病院が多く、脳梗塞の後遺症に対して効果的に訓練できます。

 

その後、入院によるリハビリテーションをしても、一定のしびれなどの脳梗塞の後遺症が残った場合は、外来でのリハビリテーションに切り替えます。
また、身体障害者手帳の取得もできますので、ソーシャルワーカーなどに相談する必要があります。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。