脳梗塞 リハビリ 期間 いつから

脳梗塞のリハビリ期間はいつから?/どれくらい受けられるの?

スポンサーリンク

脳梗塞の治療を終えた後のリハビリ、その期間はいつから、どのくらいかかるのでしょうか。

 

 

【本来の機能が低下】
脳梗塞の症状は、私達が考えている以上に重いものです。
これは、本来の人間の特性そのもの、いわゆる脳の機能が低下してしまうことにも繋がるからです。

 

基本的に、脳は活動するために多くの酸素を必要としています。
そしてその酸素を、血管を通して来る血液からも補充しています。

 

この血液が何らかの原因で滞ってしまうと、脳の機能がどんどん失われていき、体の様々な部分に計り知れない影響を及ぼすことがあります。

 

脳梗塞によって一度死滅した脳は再生しません、この点は非常に重要な問題だと言えます。

 

 

【いくつものリスク】
脳梗塞で脳の機能が失われることで考えられる後遺症にはいくつもリストアップすることができますが、当然『話す』『聴く』などの動作、『歩く』、『手を動かす』などの動作にも影響が及ぶ場合があります。

 

そして、いわゆる鬱症状を引き起こす可能性があるのも、脳梗塞の怖い点です。
しかし、これらはリハビリ期間を設けリハビリを行うことによって、改善する場合があります。

 

スポンサーリンク

【諦めないこと】
脳梗塞の手術が行われたのちは、いわゆる「リハビリ」期間を設けて、それを行う場合が多くあります。

 

これによって、本来は後遺症によって行えなくなっていた、「話す」、「歩く」などの基本的動作に加え、今まで行っていた仕事や趣味も、期間後は行えるようになることがあります。
ですから、たとえ脳機能が失われたように思えても、諦める必要は無いのです。

 

 

【可能性がある限り】
リハビリ期間は、いつから始まるのでしょうか。
基本的に絶対手術後何日後から、いつからはじめなければならない、という基準はありませんので、いつから始めるというのは医師の指示に従いますが、いつからというよりは可能になった段階で早目に行います。

 

そして、徐々に今まで普通にできていて、出来なくなっていることが行えるようになる、その可能性は大いにあります。
「いつから」でも、遅くは無いのです。

 

【リハビリを受ける目安期間】
病院で受けられる期間は150日
重度の場合には180日と決められています。

 

これ以降は医療保険や介護保険、もしくは自費でリハビリを受けることになります。
ただし主治医の判断で必要だと考えられる場合には医師の判断で治療時間の制限はありますが延長することが出来ます。
主治医に相談してみましょう。

 

【まとめ】

脳梗塞における後遺症の症状は、リハビリを期間リハビリを行うことによってかなり改善することがあります。
リハビリはいつからという基準はなくリハビリ期間は医師の指示によって早目に行います。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。