脳梗塞のリハビリやる気がない時の対処

脳梗塞のリハビリやる気がない時の対処

スポンサーリンク

 

脳梗塞のリハビリは思ったように成果が出ないものです。
最初は頑張っていても時にはやる気がないこともあるかもしれません。
そんな時はどう対処すればよいのでしょうか。
やる気を持続させるにはいくつか対処法があるようです。

 

 

【やる気がない原因】

 

脳梗塞などの疾患にかかった場合、今まで普通にできたことが急に対処できなくなる、または動けなくなったというショックからリハビリに対するやる気がないケースがあります。
この場合やる気が出るまでに時間がかなりかかるケースも多くあるそうです。

 

 

もう1つが脳梗塞後にうつを発症することでこうなるとリハビリをやる気がないだけでなくひどいと生きる意欲まで失ってしまいます。
脳梗塞後3〜6ヵ月ほどでピークを迎える患者は多く、その後の発症は脳梗塞の後遺症にストレスが重なることに関係して発症します。
うつ病の原因は1つは心因性でもう1つは脳障害説です。
うつになると喫煙率がアップしたりするなど脳梗塞の再発のリスクが高くなるので注意が必要と言えます。

 

スポンサーリンク

 

【やる気を出すための対処法】

 

リハビリをサポートする側は脳梗塞の患者さん主体で考えて対処しましょう。
やる気がないなど否定的な言葉を使わず、自分以外に理解者がいると感じてもらうように対処してください。
サポートする同士で連携しリハビリの結果を共有しながらできるようになったことをいくつか見つけて肯定してあげる事で患者さんはリハビリのモチベーションの維持ができます。

 

 

うつを発症している患者さんに関してもけしてやる気がない事で責めてはいけません。
逆効果になります。
うつ病の治療は薬物療法と精神療法の2本の柱がありますが、脳梗塞で脳にダメージを受けると抗うつ薬の効果が出にくいだけでなく副作用が出やすいといった傾向があるので気をつけてください。
薬物療法で鬱が悪化する場合は医師に相談しましょう。

 

 

【まとめ】

 

脳梗塞のリハビリのやる気がない原因はいくつかあります。
原因を見極めて患者さんに合ったリハビリ方法、接し方を模索しましょう。
時間はかかるかもしれませんが、対処法次第でいい方向に進んでいくのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。