脳梗塞は左脳と右脳で壊死の症状が異なる

脳梗塞は左脳と右脳で壊死の症状が異なる

スポンサーリンク

 

脳梗塞は脳のダメージを受けた場所により、症状や後遺症の出方が異なります。
左脳、右脳それずれ壊死すると違った症状が出るのです。
どこを損傷するとどんな症状や後遺症が現れるのでしょうか。
対処法も一緒に勉強しましょう。

 

 

【ダメージを受けた部位で後遺症の出方は違う】

 

脳梗塞で左脳など脳の一部が壊死すると、後遺症が起こることがあります。
左脳がダメージを受けると後遺症が体の右側に現れ、右脳に壊死した場合は体の左側に障害が出るそうです。
このようにダメージを受けた部位によって発症する部位が大きく変わります。
左脳は思考を司る場所なので、壊死すると言語障害、つまり読む、聞く、書くなどの動作が困難になることが多いです。

 

 

右脳は空間的能力を司る部位なので壊死すると空間的能力に影響を及ぼします。
歩いている時に障害物などが避けられなくなるので右脳を壊死した場合は歩く際物にぶつからないよう注意を払いましょう。
特に左側には気をつけてください。
このように脳梗塞を発症す路とさ脳や右脳など損傷を受けた部位によって症状に違いが出ます。

 

スポンサーリンク

 

【左脳や右脳に障害が残ったらどうすればいいのか】

 

脳梗塞が起き左脳が壊死すると失語症が起きることがあります。
リハビリの内容は脳梗塞の症状により違ってきて言語療法士がリハビリをサポートしてくれることが多いようです。
症状によってはリハビリを継続して行っても思うような結果が出ないこともありますが、リハビリは早期に実施して継続して行う事に意味があるので、正しいリハビリ方法を覚え家族にも覚えてもらい協力してもらいましょう。

 

 

右脳に壊死が起きた場合も同じです。
脳梗塞の発症前と違いできなくなっていることがあるかもしれませんが、諦めず、コツコツとリハビリを続けていくことが大事です。
最初はうまくいかなくてもきっと時間が解決してくれるのではないでしょうか。

 

 

【まとめ】

 

左脳、右脳どちらに壊死が起きるかで脳梗塞の後遺症の症状は変わってきます。
どちらにダメージを受けたとしても、たとえ脳梗塞の症状が重かったとしてもできることはリハビリを毎日継続して行うことではないでしょうか。
諦めずコツコツ頑張りましょう。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。