脳梗塞で痙攣や発作が起きた時の対処とは

脳梗塞で痙攣や発作が起きた時の対処とは

スポンサーリンク

 

脳梗塞で痙攣や発作が起きた時には、どれだけ正しい対処をしたかによって、その後の経過も変ってきます。
自分自身はもちろん、ご家族で脳梗塞になってしまった時の為に、正しい対処法を覚えておく事はとても重要な事になるのです。

 

 

【まとめ】

 

【脳梗塞で痙攣や発作が起きた時にはとにかく救急車を呼ぶ】

 

脳梗塞で痙攣や発作が起きた時に最初に行って欲しい対処法は、とにかく救急車を呼ぶ事です。
脳梗塞で痙攣や発作が起きた時は、一分、一秒単位で症状が重傷化していってしまいます。
簡単な応急処置ができる場合もありますが、やはり根本的に症状を治療し改善するためには、少し大き目の病院へ行く必要があります。

 

 

とにかく1秒でも早く救急車を呼ぶ事が重要になってきます。
呼ぶ際にしっかりと救急な案件である事を伝え、合わせて脳梗塞で痙攣や発作が起きている患者さんの年齢、性別、現在意識があるかどうか、現時点での症状なども伝えます。
もっとも愚かな行為は、とりあえず様子をみるという事です。
間違ってていても良いので、なるべく早く救急車を呼んでください。

 

スポンサーリンク

 

【脳梗塞で痙攣や発作が起きた時に救急車が来るまでにするべきこと】

 

救急車が呼べたら、救急車が来るまでにしておかなければいけない対処があります。
それは、患者さんの安全を確保する事です。
例えば人通りの多い交差点であったり、駅のホーム、横断歩道などで倒れてしまっているような場合には、症状を悪化させてしまう恐れがあります。
また、夏などの日差しの強い時などは直射日光が体調を悪化させてしまう可能性がありますので、安全で安心できる場所に移動するようにしてください。

 

 

合わせて衣服がきつそうな場合にはゆるめて、ベルトなども外します。
吐き気の症状があるような場合には、吐瀉物で窒息しないように横向きに寝かせるなどの対処が必要になります。

 

 

【まとめ】

 

脳梗塞で痙攣や発作が起きた時には、いかに正しい対処が出来るかが、患者さんのその後の人生を決めます。
素人判断せずにしっかりと救急車を呼び、オペレーターの方の指示を仰ぎながら、なるべく正しく、簡潔に患者さんの体調を伝えられるように対処する事が重要になります。

 

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。