脳梗塞で肺炎になってしまった時の余命は

脳梗塞で肺炎になってしまった時の余命は

スポンサーリンク

 

脳梗塞は、脳内の動脈の血管が狭くなってしまったり、血栓などが出来て血流が悪くなるために起こる症状です。
急性期の脳梗塞の患者さんの約30パーセントが嚥下障害になってしまいます。
この嚥下障害が原因になり肺炎にかかってしまう方が急増しています。

 

 

【まとめ】

 

【後遺症の嚥下障害は肺炎リスクが高まります】

 

脳梗塞の後遺症の嚥下障害は肺炎リスクが高まります。
この嚥下障害は、血流が阻害される事によって脳梗塞になる事によって生じます。
急性の脳梗塞の患者さんの約30パーセントに嚥下障害が現れ、手足に麻痺が出てしまいます。
これを片麻痺と言うのですが、麻痺は手足に出やすいというだけで、他にも食べ物を飲み込む筋肉にも症状が現れる可能性があり、これによって誤嚥性肺炎を併発してしまうリスクがあります。

 

 

【誤嚥性肺炎を併発してしまう理由】

 

脳梗塞になり、食べ物を飲み込む筋肉が麻痺してしまうと飲み込みがうまくできないようになります。
その為、食べ物が誤って気管へ入りやすくなります。
誤って気管に入った食べ物は気管を通り抜け肺に届きます。
その食べ物を介して細菌が増殖し、肺炎を起こしてしまうのです。

 

スポンサーリンク

 

【脳梗塞で肺炎になってしまった時の余命は】

 

脳梗塞で肺炎になってしまった時の余命は、患者さんの年齢にもよります。
ご高齢の場合には、そもそもの筋力が弱い為に、余命0ヶ月など馬鹿げた診断がくだる事も少なくありません。
これは、年齢によって免疫力や咳による反射、全身抵抗力などが著しく落ちてしまっているせいで、明日にでも死んでしまう可能性があるからです。
その為、余命がどれくらいかと聞かれたら、上手に答えられないのです。

 

 

しかし、余命を防ぐために歯、食事を工夫したり、口の中をうがい薬を使って常に清潔に保つようにしたり、嚥下訓練を行う事によってある程度防ぐ事ができますので、余命を伸ばす事ができるようになります。
余命が0ヵ月と言われてショックを受けてしまうのは当然ですが、余命自体はその後の頑張りによって伸ばす事が可能ですので、あきらめずに対応してください。

 

 

【まとめ】

 

脳梗塞が原因の嚥下障害は、口から物を食べる事ができるという最大の楽しみを奪ってしまうだけでなく、それが原因により併発する可能性の高い誤嚥性肺炎によって、余命が0ヵ月といわれる程命の危険にさらされるとても危険な障害です。
きちんと対処するようにしてください。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。