脳梗塞の点滴治療で知っておくべき副作用

脳梗塞の点滴治療で知っておくべき副作用

スポンサーリンク

 

脳梗塞は、発症後の4時間半以内でしたら血栓溶解療法を選択する事が出来、血栓溶解剤を投与する事によって症状の悪化を防ぐ事が出来ますが、4時間半以上の時間が経過しているような場合には、逆に脳出血や出血性の脳梗塞などを引き起こす可能性が大きくなるので選択する事ができません。

 

 

【まとめ】

 

【抗酸化薬エダラボンの副作用】

 

酸化されやすい物質のエダラボンを使った点滴治療をする事で、脳神経細胞の代わりにエダラボンが優先的に酸化されますので、フリーラジカルによる脳神経細胞のダメージを最小限に抑える事ができます。
非常に有効な点滴治療ですので、脳梗塞を発症してから24時間以内であればエダラボンの点滴治療を行うのが一般的です。

 

 

エダラボンを使った点滴治療の副作用としましては、腎機能障害が考えられます。
エダラボン点滴治療は、腎臓の機能が悪化させたり、肝臓の機能に障害がおきたり、血小板や顆粒球が減少するような血液の病気などを引き起こす可能性のある副作用があります。

 

スポンサーリンク

 

【オザグレルの副作用】

 

こちらのオザグレルは、トロンボキサンA2の生成を抑える効果がありますので、血小板が固まって血栓を作るのを妨ぐ働きがあります。
血小板が固まるために出来る血栓が原因のラクナ梗塞やアテローム血栓性梗塞の治療に関しては、オザグレルとエダラボンを組み合わせた点滴治療を1週間から2週間行う事によって、症状の悪化を予防する事が出来ます。
抗血小板薬のオザグレルは、脳梗塞を発症してから5日以内なら点滴治療が可能となっております。
こちらの副作用は、血液がサラサラになりすぎて脳出血や消化管出血などを起こしてしまう可能性がある事です。

 

 

【アルガトロバンの副作用】

 

大きさが1.5cm以上の比較的大きな脳梗塞の場合には、アルガトロバンの点滴治療が効果的です。
太めの脳血管に血栓ができるようなタイプの脳梗塞にとっては最適な治療法になります。
このアルガトロバンは脳梗塞を発症してから48時間以内なら点滴治療を開始することができます。
副作用としましては、オザグレルと同様に出血に気をつける必要があります。

 

 

【まとめ】

 

脳梗塞の治療には、必ず副作用がともないます。
その為、治療を開始する前にどのような副作用があるのかを知っておくのはとても重要になります。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。