足のしびれは脳梗塞の前兆かも知れません

足のしびれは脳梗塞の前兆かも知れません

スポンサーリンク

 

過去に脳梗塞を経験した人の約30パーセントの方は、なんらかの脳梗塞の前兆を感じていたというデータがあります。
脳梗塞の前兆を正しく理解しておけば、未然に防ぐことが出来る可能性があります。

 

 

【まとめ】

 

【足のしびれは脳梗塞の前兆かも】

 

脳梗塞による足しびれは、一般的なしびれとは違った感覚があります。
脳梗塞によって手足など体から伝わる感覚が脳へ伝わるための神経が途中で途切れてしまうため、正座をしていた時のような足のしびれではなく、手袋を付けているような鈍い感覚を感じるようになります。

 

 

手足が普通とは違っているような感覚が脳に伝達されるために、脳が誤作動を起こし、痛みやしびれを作り出しているのです。
しびれはすぐに収まってしまう事があり、症状の中では比較的軽視されがちな症状なのですが、足のしびれや手のしびれが、右半身か左半身のみに起こる時は、脳梗塞の前兆である可能性を疑ってください。

 

スポンサーリンク

 

【危険な足のしびれ】

 

手足のしびれは片手だけや片足だけ、片側手足、四肢など脳梗塞が生じた場所によって前兆の現れ方がことなります。
足のしびれだけでなく、片側顔面、両側顔面の神経麻痺が起こったり、言語障害や失語症、健忘症、ものが2重に見えたり、食物が飲み込みにくいなどの症状が起こるケースも少なくありません。
しびれだけでなく、このような症状も合わせて用心する事が重要になります。

 

 

【足のしびれ以外の前兆をチェック】

 

足のしびれだけが前兆ではありません。
他にも急に手足に力が入らなくなる症状であったり、片方の足を引きずって歩いていると言われたり、何もないところでつまづきやすくなったり、まっすぐに歩く事が出来なかったり、片目だけものが見えにくかったり、ろれつが回りにくいような症状は、前兆である可能性があります。

 

 

足のしびれなども含めて、このような症状は、短時間で症状が消えてしまう事が多いのですが、脳梗塞が起きやすくなっていますので注意が必要になります。

 

 

【まとめ】

 

前兆を察知して、早い段階で治療を行えば、後遺症も少なく復帰がしやすくなります。
しかし、発見が遅れてしまうと、重い後遺症に苦しんだり、命を失う可能性がありますので、違和感を察知したらすぐに検査に行くように徹底してください。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。