脳梗塞 寝たきり 余命

脳梗塞で寝たきりになったときの余命について/個人差があります

スポンサーリンク

脳梗塞が発生したときには、意識不明の状態になることもあります。
脳梗塞で意識不明になり寝たきりになる可能性もあります。

 

意識不明になると、手足を動かす機能がほとんどなくなって、自分で動くことができなくなってしまいます。
脳梗塞でこのような寝たきりの状態になってしまったときには、余命が心配になります。

 

寝たきりとは、自分で食事をすることができないので、栄養を普通に摂取することができません。
このようなときの対処方法としては、点滴や胃ろうを行って栄養を送ると言うようになっています。

 

胃に直接栄養を送るという方法が一番の治療法となっています。
したがって医療機関ではこの治療が行われることが多くなっています。

 

この方法を行うと、脳梗塞で寝たきりになっても余命が長くなります。
しかし脳梗塞による寝たきりで胃ろうの治療を行ったときの余命に関しては個人差があります。

 

脳梗塞を発症した年齢によって余命が左右されたり、寝たきりによってほかの病気を引き起こす可能性もあります。

スポンサーリンク

ほかの病気を引き起こしてしまうと言うことになれば、余命は短くなってしまいます。
しかし脳梗塞で寝たきりの状態になっても、長い人で余命が10年という人もいるので、治療体制がしっかりと整えられていると言うことであれば、寿命も長くなります。

 

脳梗塞で寝たきりになった場合でも、適切な処置を行うことで余命の心配を少なくすることができます。
胃ろうというような処置が行われるようになっていますが、これは本人や家族の意志によって選択するようになっています。

 

これは入院ではなく在宅でも家族が行うことができます。
しかし口から直接ものを食べることができないので、治療方法として慎重に考える必要があります。
脳梗塞は必ずしも後遺症があるということではありません。
後遺症がなく復帰をすることができる人もいます。

 

このような病気を予防するためには、生活習慣を見直すと言うことが必要です。
また健康的な生活を心がけることが必要になります。
何らかの症状が前兆として現れることもあるので、体の変化に早めに気がつくことも大切です。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。