脳梗塞後の車の運転はいつから再開できるのか

脳梗塞後の車の運転はいつから再開できるのか

スポンサーリンク

 

脳梗塞後にも、以前の仕事の関係で車の運転をする必要があるかたも多いと思います。
そういった方の場合には、脳梗塞後の車の運転はいつから再開できるのかが気になると思います。
そこでこちらのページでは、脳梗塞後の車の運転はいつから再開できるのかについてご紹介します。

 

 

【まとめ】

 

【後遺症が残ってしまった場合】

 

脳梗塞後の車の運転はいつから再開できるのかという時には、後遺症の有無がとても重要になってきます。
特に車の運転に大きく影響する後遺症が片麻痺と、高次脳機能障害、感覚障害の三点の症状の有無によっていつから再開できるかが決まってきます。
麻痺が片麻痺のような場合は、車を片麻痺仕様に改造すれば運転は可能です。
具体的には、ハンドルにノブを取り付けて片手操作できるようにすることや、右片麻痺ではアクセルとブレーキを左側に設置するなどです。
また、運転感覚が変わるため練習も必要になります。

 

 

【脳梗塞後の後遺症のもたらす運転への悪影響】

 

後遺症によって色々な悪影響があります。
最も注意が必要なのが高次脳機能障害になり、症状によっては運転する事が出来なくなってしまう可能性もあります。
高次脳機能障害には色々な症状があり、知能障害だけでなく記憶障害や注意障害、遂行機能障害、半惻空間無視、地誌的障害、失行、失認、失語症、社会的行動障害などがあります。
特に車の運転に必要になる予測や認知、判断といった機能に障害がでてしますと運転する事ができません。

 

スポンサーリンク

 

【臨時適性検査】

 

脳梗塞後に運転を再開するためには、臨時適性検査を受ける必要があります。
いつから再開できるのかは、この臨時適性検査に合格するかどうかにかかっております。
臨時適性検査を受けるためには医師に診断書を書いてもらう必要があります。
医師の診断書が無ければいつから再開できるのかという問題以前に、再会する事が出来ない可能性があります。
試験内容は、アクセルやクラッチなどの動作検査やドライブシミュレーターによる模擬運転、紙面による適性検査があります。

 

 

【まとめ】

 

脳梗塞後の車の運転はいつから再開できるのかというのは、後遺症に合わせた車の改造や。
臨時適性検査に合格できるかどうかにかかってきます。
先ずは症状が落ち着いてから、医師の判断に加え試験に合格する必要があるのです。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。