軽い脳梗塞の治療期間や入院費用

軽い脳梗塞の治療期間や入院費用

スポンサーリンク

 

軽い脳梗塞か重い脳梗塞を症状によって、治療期間も入院費用も変ってきます。
しかし、ある程度の情報を知っておかないと、もし急に身内の方が倒れてしまった場合にあたふたしてしまう可能性があります。

 

 

【まとめ】

 

【一般的な脳梗塞の入院期間や費用】

 

脳梗塞は、発症した患者の年齢によっても入院期間は前後するのですが、脳梗塞を発症し急性期の点滴治療から初期のリハビリなどが必要な場合に、で一般病院に入院する期間の平均は約20日前後となっております。
これは、脳梗塞が発症した後に、手足の感覚が麻痺するような障害が残った場合の日数になっていて、それこそ起き上がるのが困難になってしまっているようなケースであったり、歩行困難などの運動障害が残ってしまった場合には、更に入院期間が延び、一般病院へは1ヶ月程度、その後、回復期リハビリテーション専門病院へ転院し2ヶ月ほど入院となるケースが大半です。
期間が延びるにつれて費用も増加します。

 

スポンサーリンク

 

【軽い脳梗塞の場合の費用】

 

軽い脳梗塞の場合には、もう少し入院日数が短くなります。
治療内容も数日の点滴治療のみで症状が改善してしまう事が殆どですので、その後、本格的なリハビリも無しに退院できるケースが大半です。
軽い脳こうそくの場合には、4日から2週間程度の入院をして安静にしながら点滴を受けます。

 

 

そのまま症状が改善されれば、1週間ほどで退院できる方もいます。
点滴中もリハビリを積極的に行い、日常生活に支障をきたさないくらいまで機能回復していることが最低条件になります。
退院時期が短くなれば費用もリーズナブルに抑える事が費用を抑えるポイントになります。

 

 

【軽い脳梗塞の治療費】

 

一般的な脳梗塞の場合の一日当たりの治療費は約23,000円となっております。
国民健康保険に入っている場合には、医療費が三割負担になりますので、一日当たりの治療費は6,900円になります。
軽い脳梗塞の場合には、二週間程度の入院期間が平均となっておりますので、322,000円程度かかります。
国民健康保険に入っている場合には、医療費が三割負担になりますので、二週間で96,600円程度になります。

 

 

【まとめ】

 

軽い脳梗塞の治療期間や費用は、本人の体力やか売り脳梗塞の程度によっても大きく変わってきます。
軽い脳梗塞の期間や費用をリーズナブルにするには、症状が発症してからどれだけ早く処置できるかにかかってきますので、初期対応が重要になります。

 

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。