脳梗塞になる原因は性格が深く関係している可能性も

脳梗塞になる原因は性格が深く関係している可能性も

スポンサーリンク

 

脳梗塞になる原因は性格が深く関係している可能性があるという研究結果が発表されました。
うつ病なども性格が深く関係しているという情報が一般的となってきておりますので、脳梗塞の原因が個人の性格が関係しているというのも信憑性があると言えます。

 

 

【まとめ】

 

【直接的な原因とは】

 

脳梗塞の直接的な原因としては大きく分けて二つの原因があります。
一つ目の原因は動脈硬化です。
日本は、戦後、急激に食の欧米化が進んできました。
その結果、アメリカで大問題になっているような肥満による動脈硬化が日本でも問題になって来ております。
動脈硬化になると、血管の中が細くなってしまいますので、脳への血流が滞りがちになり、悪化すると完全に詰まってしまいます。
この関係で脳梗塞を引き起こしてしまうのです。

 

 

二つ目の原因は、心臓の不整脈です。
心臓の不整脈の一つである心房細動があるような方の場合には、脳梗塞のリスクが非常に高い事は良く知られています。
心房細動で作られている心臓のリズムが病気によって乱れてしまうと、心臓内に血の塊が出来やすくなってしまいます。
この血の塊が心臓から送り出される血流に乗って流れていき、脳血管を詰めてしまうのです。
その関係で脳梗塞の症状が現れるのです。

 

スポンサーリンク

 

【性格が関係しています】

 

脳梗塞は脳に関係する病気です。
同じくストレス社会で急増しているうつ病も同じで脳の病気だと考えられています。
この二つの病気には、複数の類似点を見つける事が出来ます。
また、うつ病になると脳卒中になりやすいといった事も分かってきております。
逆に、脳卒中になうとうつ病にもなりやすいなど、二つの病気は相互に関係しあっているのです。

 

 

実はうつ病という病気は、個人の性格との因果関係が認められています。
研究の結果、人よりも几帳面で真面目な人が売る病になりやすいことがわかっています。
脳梗塞も同じく野心的であったり、精力的に活動している方、仕事熱心でせっかちな性格の方がなりやすいと言われてます。

 

 

【まとめ】

 

頑張り屋さんの性格をしている方は、自分の健康をかえりみない性格をしております。
体だけでなく心も疲れてしまっているような状況でも根性で何とかしてしまう性格の為、脳梗塞やうつ病になりやすくなっているのです。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。