脳梗塞で麻痺がおこるメカニズムとは

脳梗塞で麻痺がおこるメカニズムとは

スポンサーリンク

 

脳梗塞の後遺症として多く現れる症状が、半身麻痺と呼ばれる症状です。
こちらの症状とはどのような症状なのかというと、体の片側だけ麻痺になる症状です。
なぜ右か左かどちらかの半身で麻痺が発生するのか、そのメカニズムをご紹介していきます。

 

 

【まとめ】

 

【脳梗塞のメカニズム】

 

脳は司令塔の役割をしており、脳から手や足などの体の部位が繋がっていることにより身体が動かせるようなメカニズムになっております。
しかし、脳梗塞などによって脳の一部分が破損してしまった場合には、脳から指令が届きませんので、届かなくなった部位が感覚麻痺などの機能不全を起こすようになるのが、脳梗塞と麻痺のメカニズムになります。

 

 

【脳梗塞と他の症状との違い】

 

他の麻痺の症状と違うのが、脳の一部に損傷してしまい、損傷した近辺の脳細胞も合わせて機能不全に陥った場合には、上半身と下半身のような別れ方ではなく、必ず左右どちらかの半身麻痺という症状になる事です。
よく比較対象になるくも膜下出血は、出血が脳全体を圧迫して症状が現れるなど、症状が生じるメカニズムが根本的に違いますので片麻痺などの障害の出方ではなく、全体機能への影響が出やすいといった特徴があります。

 

スポンサーリンク

 

【早い段階からのリハビリが必要】

 

脳梗塞で後遺症が残ってしまった場合でも、しっかりとリハビリを行う事で、その周りの組織が変わりをしてくれるような修復作用が期待できますので、マッサージはとても有効な手段になります。
また、マッサージには、症状をこれ以上悪化させないような事が期待できますので、両方のメリットを享受する事ができます。
また、リハビリは早くやればやる程、症状が悪化しませんので早目に行われる事が多い傾向があります。

 

 

【まとめ】

 

脳梗塞で後遺症を残さないためには、発症から4時間半以内に血栓を溶かす治療を受ける事が必要ですが、このようなメカニズムを知っておけば、しびれなどが出た時に原因とメカニズムによって病状を確認する事ができます。

 

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。