脳梗塞の後遺症で目が見えない症状が回復するかどうか

脳梗塞の後遺症で目が見えない症状が回復するかどうか

スポンサーリンク

 

日本人にも増えてきた脳梗塞は、発症した時よりも後遺症に苦しめられている方の多い病気です。
後遺症の中でも特に重い視覚障害は回復が難しく、日常生活に困っている方も多いようです。
視覚障害の後遺症は回復するのか回復しないのか、今回は目が見えない後遺症と回復についての情報をご紹介します。

 

 

【まとめ】

 

【目が見えない症状】

 

一般的に脳梗塞の後遺症で目が見えない症状というものには二種類あります。
見える部分が欠ける視野欠損という症状と、ものが二重に見える複視の二種類になります。
視野欠損の場合には、片目、もしくは両目で見ても視野の左右どちらかしか見えない半盲が起こります。

 

 

【脳梗塞の後遺症で目が見えない原因】

 

脳梗塞によって脳の視覚をつかさどる大脳皮質視覚野が壊れてしまうと、目が見えない症状が現れます。
右後頭葉の視覚野に脳梗塞が起きてしまうと左側半分の視野が欠けてしまう事になります。
半盲の状態になると、見えない部分にある物がわかりませんので転倒してケガをするリスクが高まります。
そこで、目を完全に回復させるのではなく、眼を上手に動かして見える側の視野の中に見たいものを合わせるリハビリテーションが行われます。

 

スポンサーリンク

 

【後遺症で目が見えない症状は完全には回復しない】

 

基本的に後頭葉の脳梗塞による視覚障害は完全には回復しません。
後頭葉が破壊されてしまうと網膜から得た情報を画像として認知する事が出来ませんので、近視や老眼のような眼鏡で回復するような事がないのです。
脳梗塞で目が見えない場合のリハビリは、眼を見えやすくするためのリハビリではなく、開腹しない目を前提にましになる程度のリハビリになります。

 

 

【まとめ】

 

最新のリハビリでは、使っていない部分の脳を代替して、見える部分を増やす取り組みも行われてはいませんが、まだ一般化されておりません。
しかし、リハビリで見えない事を前提に訓練する事で日常生活をしっかりと過ごす事ができるようになるのは間違いありません。
症状の重さによって回復具合が異なりますので、まずはしっかりと医師と相談する事が必要になります。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。