脳梗塞の手術の種類と時間

脳梗塞の手術の種類と時間

スポンサーリンク

 

脳梗塞が発症してしまったら治療方針は薬物治療のみになるのか、手術になるのか複数の種類から選択する事になります。
種類が豊富なのは、症状によってベストな治療法が異なるからです。
退院後の事を一番に考えて、最も健康に生きられるように沢山の種類の中からベストな治療方法を選択します。
脳梗塞の再発予防として必要だと判断された場合には、複数の脳梗塞の手術の種類の中から選ぶ事になります。

 

 

【まとめ】

 

【脳梗塞の頸動脈内膜切除術とは】

 

頸動脈内膜切除術は、動脈硬化によって狭くなってしまった血管を、従来の量の血液が通る空洞の広さに戻す手術になります。
狭くなってしまっている原因の血栓であったりアテロームを切除する手術になります。
薬物治療をしていても、頸動脈にアテロームがある状態では、血栓が発生しやすくなり脳の血管を詰まらせてしまう可能性があります。
再発防止といった意味でも、頸動脈内膜切除術によって頸動脈のアテロームや血栓を取り除き、再発予防する事は重要になります。
オペにかかる時間は2時間から3時間ほどになります。

 

スポンサーリンク

 

【脳梗塞のステント留置術】

 

ステント留置術は、ステントと呼ばれている網目状の筒型の金属製器具を、動脈硬化によって狭くなってしまった頸動脈の部分に入れる事で血流を正常にする手術になります。
このステント留置術は、大きな傷をつけるリスクが少ないので、最も患者への負担が少なくなっております。
オペの時間も1時間ほどと体調にかかる負担が少なくなっております。

 

 

【脳梗塞のバイパス手術】

 

こちらの術式は、狭くなったり詰まりかけている血管を広げるのではなく、別の血管につなぎ代える事によって血流を正常に戻すオペになります。
全身麻酔をした上で、頭蓋骨に穴を開けるなどかなり大がかりのオペになりますので、患者さんへの負担は大きくなっております。
また、オペの所要時間は5時間ほどになっております。

 

 

【まとめ】

 

脳梗塞の治療は、薬物治療だけでなく手術の選択肢も視野に入れなければいけません。
複数の種類の中からベストと思われる治療の種類を選ぶために、どのような治療の種類があるのかはしっかりと確認しておく必要があります。

 

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。