脳梗塞 後遺症 症状 あくび

脳梗塞のあくびの症状と後遺症/眠気とともに起こる前兆

スポンサーリンク

脳梗塞という病気があります。
脳梗塞は脳の血管が細くなったり何らかの原因で詰まったりすることで、その先の細胞にしっかりと酸素や栄養が届かなくなって細胞が障害を受ける病気となっています。

 

脳梗塞では脳細胞が壊死するようになっています。
この壊死した部分が担っていた体の機能が失われてしまうので、後遺症が残ると言うようになっています。

 

脳梗塞の後遺症にはいくつかのものがあります。
後遺症には体の左右どちらかが動かなくなる半身不随や、細かい動作をすることが難しくなる運動障害があります。

 

このほかに痛みや冷たさなどの感覚が鈍くなる感覚障害や嚥下障害や視覚障害、排尿障害などが発生するようになっています。
しかし脳梗塞ではこのような後遺症が、必ずしもひどく現れると言うことではありません。

 

早期発見で後遺症を残すことなく治療をすることができます。
しかし逆に時間の経過と共に後遺症が残る可能性が高くなります。

 

後遺症を少しでも残さないためには、脳梗塞の前兆をしっかりと感じ取ることが必要です。

スポンサーリンク

そこで脳梗塞の前兆にはどのような症状がるのか気になります。
頭痛や手足のしびれというような症状が現れることがあります。

 

このほかにろれつが回らなくなったりものの名前を思い出すことができないという症状もあります。
あくびが頻繁に出るというような症状が現れることがあります。

 

あくびなどの症状が頻繁に現れるようになったときには、脳梗塞の前兆の可能性があると考えておくようにします。
あくびが多くなり、前兆と思われる症状があるときには、早めに脳神経外科や脳神経内科を受診するようにします。

 

前兆の一つに激しい眠気やあくびの症状があります。

しっかりと寝ているのにあくびが多くなる場合は、脳梗塞の前兆によって眠気が発生していると考えることができます。

 

あくびは日常生活でも頻繁に発生するので見逃してしまうこともあります。
しかしこの場合慢性的に眠気が続き、あくびが出るようになっています。

 

眠くないのにあくびが出ることがありますが、この場合は脳が疲れていると言うことが原因で、酸素を供給するために発生するようになっています。

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。