脳梗塞でも後遺症無しで自覚症状が残らない

脳梗塞でも後遺症無しで自覚症状が残らない

スポンサーリンク

 

脳梗塞になると、多くの人は半身が麻痺したり、何らかの後遺症が残ったりすると言われています。
しかし、必ずしもそうではありません。
全く残らないこともあります。

 

 

【まとめ】

 

【脳梗塞でも後遺症無しで自覚症状が残らない】

 

脳梗塞でも後遺症無しで自覚症状が残らないという方は危険です。
脳梗塞の場合には、脳の一部分が破壊されてしまっている状態ですので、脳梗塞でも後遺症無しで自覚症状が残らない時には、単に破壊された部位が負担の無い場所であっただけで、症状が出なくても確実に爪痕は残っております。
特に再発しやすい病気ですので、他の部分に負担をかけてしまっている状態ですので、再発した時に更にひどい状態になる可能性があります。

 

 

【治療がおざなりになりやすい】

 

脳梗塞でも後遺症無しで自覚症状が残らない時には、どうしても治療が疎かになりやすいといったデメリットがあります。
特に病院で血栓が出来ないように処方される血液をサラサラにする薬を定期的に飲まなかったりしてしまうと、再発した時に言語障害がでてしまったり、麻痺で歩けなくなってしまう可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

【生活スタイルの改善を】

 

後遺症無しで自覚症状が残らない方は、安心して日常生活に戻ってしまいがちですが、その為、油っこい食事ばかりをとってしまったり、睡眠時間を確保できなかったり、仕事でストレスをためてしまったりと、発症以前と同じような生活をしてしまうような方もいますが、脳梗塞でも後遺症無しで自覚症状が残らない場合でも、症状が発症してしまったという事は、それだけで、常に脳梗塞の予備軍である事は間違いありません。
生活スタイルを改善し、油分や塩分を抑えた食事であったり、無理のない範囲でスポーツをしたり、しっかりと質の高い睡眠をとれるように努力する事は重要になります。

 

 

【まとめ】

 

自覚症状が残らない場合には、次に再発した時に大きな後遺症が残る可能性があります。
脳梗塞でも後遺症無しで自覚症状が残らない状態というのは、言わば執行猶予期間と同じですので、発症する前以上に健康に気を付ける必要があります。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。