くも膜下出血の危険性と再発の確率

くも膜下出血の危険性と再発の確率

スポンサーリンク

 

くも膜下出血は誰にでもなる危険のあるものです。
そして気になるのはこの病気の危険性や再発の確率です。
そこでここではそういったことを述べていきたいと思います。

 

 

【くも膜下出血の危険性】

 

 

くも膜下出血は発症してから72時間以内に手術を行わないと助かる確率はとても低いとされており、救急搬送されても20パーセントほどの人は病院についた段階で亡くなっていると言われています。
また最初の出血から数えて6時間から24時間以内に再出血する確率が高いとされており、出血が重なれば助かる可能性も低くなっていってしまいます。
しかし早期にくも膜下出血に気付きクリッピング手術という手術を受ければ確率的にはほぼ成功すると言われています。

 

 

【くも膜下出血が再発する確率】

 

 

くも膜下出血は再発の確率が高く、10年以内に再発する可能性が60から80パーセントにまでのぼると言われています。
原因としては手術の際に血管に気付かないうちに損傷を与えてしまっており、そこから出血を起こすというものです。
またクリッピング手術を行っていると脳内にクリップを残すことになるのでそれも血管に損傷を与える場合もあります。
もう一つ再発の原因となりうるのが破裂していない動脈瘤が新たに破裂することです。
現在健康な人の脳内にも無数にあるとされている動脈瘤をすべて取り除くことは不可能とされています。

 

スポンサーリンク

 

【くも膜下出血の再発を防ぐ方法】

 

 

くも膜下出血など脳内の出血は高血圧になるとなりやすいとされているために再発を防ぐためには血圧のコントロールが必要になります。
処方される薬を欠かさず飲むことも重要ですが生活習慣を改善することも必要です。
食事の改善やお酒・たばこを控えるなどや適度な運動も高血圧を防ぐのに効果的です。
脳の出血は後遺症としてマヒが発生する可能性があり、再発を繰り返すことになるとマヒの範囲が広がっていきかねないので対策をしっかりすることが重要です。

 

 

くも膜下出血は早期の対処を行えないととても危険なものです。
また再発する確率も高くなっています。
しかし、食事や運動などの生活習慣を改善することで防ぐことができます。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。