くも膜下出血はどれくらいの確率で後遺症なしで治るのか

くも膜下出血はどれくらいの確率で後遺症なしで治るのか

スポンサーリンク

 

くも膜下出血は若い人でも起こることのある病気です。
また治療を行った後に心配なのは後遺症です。
この後遺症として現れる症状として様々なものがあり、どの程度の確率で起こるかを紹介していきます。

 

 

【くも膜下出血とは】

 

 

くも膜下出血とは脳を保護している三つの膜のうちのくも膜という膜の下に出血がみられる状態のことを指します。
この出血の主な原因は血管が膨らんでしまうことでできてしまう、脳動脈瘤が破裂することです。
年齢を重ねてからだけでなく、先天的に脳動脈に奇形が発生している場合もこの症状を起こしやすくなります。
そのほかストレスや過労によっても起こる可能性がある病気です。

 

 

【くも膜下出血を後遺症なしで治せる確率】

 

 

くも膜下出血を全く後遺症なしで治せる確率は70パーセントほどです。
後遺症の原因は術中に脳内や血管に損傷が起こったり、脳血管の攣縮が原因の血流の悪化より発生する梗塞や合併症です。
くも膜下出血の後遺症として代表的なものは体のマヒです。
手足に起こるマヒや声を発するための筋肉に起こるマヒもあります。
また左脳でくも膜下出血を引き起こした場合、左脳に言語をつかさどる部分があるので言語障害を引き起こす確率があります。
これらはリハビリによって改善していくことが多いようなのできちんとリハビリを受ければ後遺症なしでその後の生活を送れる確率が上がります。

 

スポンサーリンク

 

【後遺症の影響】

 

 

くも膜下出血で後遺症なしで治せる確率は70パーセントだという話をしましたが、後遺症には様々なものがあります。
先ほど述べたようにマヒが起こるだけでなく、脳が視覚や聴覚までをもつかさどっていることから失認や失行という症状が現れる場合があります。
失認とは空間などを認識することができなくなってしまう症状で失行とはマヒではないにもかかわらず運動能力に異常をきたします。
また注意力や集中力が欠如してしまう症状もあり、社会生活を送ることが困難になる後遺症もあります。
こういった後遺症なしに生活を送れるようにするには周りの手厚いサポートが必要になります。
それがないと後遺症なしになるのが遠のくばかりか精神状態まで悪化させ、鬱や認知症を引き起こす確率があります。
後遺症なしで治るのは起こった部分や手術の仕上がりによるところが大きいので完全に防ぐことは難しいと思われます。

 

 

くも膜下出血とは脳内で動脈瘤が破裂することが主な原因で発生する症状です。
後遺症は様々ありますが、後遺症なしで治せる確率も高い病気です。
また、後遺症が発生してもリハビリ次第で改善していくことはできます。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。