くも膜下出血の後遺症でなぜ性格が変化するのか?

くも膜下出血の後遺症でなぜ性格が変化するのか?

スポンサーリンク

 

くも膜下出血の後遺症で性格が変化すると聞いたことがある方も少なくないでしょう。
大きなポイントになるのが高次脳機能障害と脳血管性認知症です。
そして気になるのは性格が変わって元通りに戻るのかという点になるでしょう。

 

 

【かなりの確率で性格が変化】

 

くも膜下出血の後遺症で性格はかなりの確率で変化するといっても過言ではありません。
注意散漫、幼い子供の態度で言葉使い、他人や物事に興味関心がなくなる、怒りっぽくなるなどが特徴になります。
これらの項目に当てはまるのであれば、やはり変化してしまったと認識した方が良いでしょう。
周囲の人はどのように変化したかどうかすぐに分かるはずです。

 

 

【主な原因は2つ】

 

くも膜下出血の後遺症で性格が変わってしまうのは高次脳機能障害と脳血管性認知症2つです。
脳のより高次な機能が低下してしまい、社会や日常生活への適応が難しくなる障害と、脳出血や脳梗塞の後遺症で認知症になってしまうものとなります。
脳出血や脳梗塞の後遺症で認知症になってしまい、この認知症が引き金となって変化してしまう認識で間違っていません。
認知症になると性格が変化してしまうのは既に多くの方がご存知のはずです。

 

スポンサーリンク

 

【元の性格に戻る可能性とは】

 

くも膜下出血の後遺症で性格が変わってしまった場合、元の性格に戻る可能性は高次脳機能障害の回復の程度によって大きく変わってしまいます。
脳血管性認知症の場合は特に厄介です。
再発や脳血流の低下に伴い、どんどん症状は悪化してしまうものです。
再発予防が最重要となって、元通りになる可能性は低くなってしまいます。
高次脳機能障害の場合はある程度の回復も見込めます。
ただ、あくまでもくも膜下出血の回復の程度によって変わっていくため、確実とはいえません。
どちらの可能性もあるものの、やはり頭に入れておくべきは元通りにならないことでしょう。
やはりくも膜下出血になっていつも通りの日常生活に適応するのはどうしても難しくなってしまいます。
周囲の人が支えないといけないことも少なくないでしょう。

 

 

くも膜下出血の後遺症によって人は大きく変わってしまうと考えるべきです。
回復する見込みがあるとともに、そのままとなってしまう可能性もあります。
あくまでも回復の程度によって大きく変わるものと認識しておくべきでしょう。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。