くも膜下出血の検査の費用と方法について

くも膜下出血の検査の費用と方法について

スポンサーリンク

 

くも膜下出血に自分がなってしまったのかどうか判断するためには検査を受けることが大切です。
そのためにはどのくらいの費用がかかり、またどんな方法によって検査ができるのでしょうか。
気になる点について説明しましょう。

 

 

【くも膜下出血の検査方法について】

 

実際にくも膜下出血になっているかどうか判断するためには検査を受けることになります。
その方法として、まずはCTスキャンを行います。
これによって特徴的な検査結果をチェックすることができるのです。
ただし、軽症の場合はCTスキャンでも分からないことがあります。
この場合はMRIを受けることになります。
ただし、これでも分からない場合には、別の方法として腰から脳脊髄液を取り出して、そこに血液が混じっているかどうかで判断する方法があります。

 

 

【くも膜下出血の前兆】

 

そもそもくも膜下出血の検査を受ける場合には何らかの前兆を感じていることが多いでしょう。
たとえば頭痛がしたり、激しく嘔吐してしまったり、意識を失ってしまうことがあるのです。
ただし、前兆がなくいきなり強い症状が出てしまうこともあります。
その場合、耐えられないほどの痛みが生じたり、意識を失うことが多いため、すぐに病院へ向かうことになるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

【検査費用】

 

実際にくも膜下出血の検査を受ける場合にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
費用としてはどのような方法でもそれぞれ3万円程度となっています。
手術の場合は費用が100万円から300万円ほどかかるでしょう。
ただし、健康保険が適用されます。
また、高度な医療費が生じた場合にそれを助けてくれる制度も存在しています。

 

 

たとえば高額療養費制度があります。
定められた限度額以上の負担については差額分を還付してくれるのです。
あらかじめ健康保険によって手続きをしておくと、病院の方から認定証をもらうことができます。
これによって、病院は限度分を健康保険の方に直接請求してくれるのです。

 

 

くも膜下出血になってしまったならば検査を受けます。
方法としてはCTスキャンやMRIがあります。
費用は3万円ぐらいとなります。
ただし、手術の場合は100万円以上かかってしまいます。
これは医療費を費用を補助してくれる制度があるため、実際にはそれほど高額な負担とはなりません。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。