くも膜下出血で入院をしたときの日数と期間

くも膜下出血で入院をしたときの日数と期間

スポンサーリンク

 

くも膜下出血で入院をすることになったならば、どのくらいの日数病院にいることになるのでしょうか。
また、どのくらいの期間で普通の生活に戻れるのでしょうか。
これらの点について分かりやすく解説しましょう。

 

 

【くも膜下出血による入院】

 

くも膜下出血になってしまうとすぐに手術を受けることになるでしょう。
手術時間は数時間にも及ぶことがあります。
無事手術が終わったとしてもすぐに回復するわけではありません。
しばらくの間は入院をしなければいけないのです。
そもそも、意識不明の状態からすぐに回復するとは限りません。
場合によっては意識回復ができないまま死亡してしまうこともあるのです。

 

 

【くも膜下出血による入院期間について】

 

それでは実際にくも膜下出血で入院した場合にはどのくらいの期間がかかってしまうのでしょうか。
これは個人差があるのですが、一般的には1ヶ月から3ヶ月程度の期間がかかってしまうでしょう。
特に手術してから2週間は絶対に安静にしていなければいけない期間です。

 

スポンサーリンク

 

【くも膜下出血の入院日数の違いとは】

 

軽症であれば2週間程度で退院できることもあるのですが、それは全体の1%程度のことです。
多くの場合、もっと日数がかかってしまいます。
脳の手術のため万が一のことをしっかりと考える必要があります。
とても慎重に扱われることになるため、どうしても日数がかかってしまうのです。

 

 

また、入院したままリハビリをすることもあるため、どうしても日数がかかってしまう場合があるのです。
リハビリに時間がかかってしまい、日数が長くなることもあるでしょう。
中には退院して通院でリハビリをするケースもあります。

 

 

再出血をとめるのに期間がかかり、また、リハビリにも日数がかかってしまうのです。

 

 

くも膜下出血の入院期間は1ヶ月から3ヶ月程度かかってしまうでしょう。
個別のケースによって日数は大きく異なります。
意識回復に時間がかかったり、入院しながらリハビリを続けるケースもあるからです。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。