くも膜下出血の再発率や生存率について

くも膜下出血の再発率や生存率について

スポンサーリンク

 

くも膜下出血については再発率や生存率が気になる方は多いでしょう。
死亡しなかったとしても、手術後に再発してしまったり、あるいは死亡してしまうケースもあるからです。
統計的なデータとしてこれらの割合を知っておくことは大切でしょう。

 

 

【くも膜下出血は再発する可能性がある】

 

もしくも膜下出血になってしまったら手術をしなければいけません。
死亡してしまう可能性がかなり高い病気なのですが、手術を無事終えることができれば一安心でしょう。
しかし、こちらの病気は再発してしまう可能性もあるため注意してください。
さまざまな病気の中でも再発率が特に高いとされているため注意しましょう。
再発率が高い理由としては、脳血管の損傷や未破裂している動脈瘤から出血してしまう可能性があるからです。

 

 

【再発率について】

 

くも膜下出血の再発率は10年以内に7割とされています。
そのため、手術後に数年して再発してしまう可能性が高いです。
そのため、余命が短くなりやすいのです。
再発率が高いため、数年間は予防に努めておくべきでしょう。
生活習慣をしっかりと整えるべきです。

 

スポンサーリンク

 

【くも膜下出血の生存率について】

 

それではくも膜下出血になった場合の生存率はどうなっているのでしょうか。
まず1ヶ月以内に死亡する可能性は5割です。
助かったとしても後遺症が残る方は2割であり、元通りの生活に戻れるのは3割となっています。
したがって、生存率は5割となっています。
生存率は他の病気と比較してかなり高いため、注意しいなければいけません。
生存率を高めるためには早めに対処をすることが大切です。

 

 

【生存率の変化】

 

さまざまな状況によって生存率は変化します。
たとえば60歳以上で発症した場合は死亡するリスクが高まってしまうでしょう。
治療が遅れてしまっても死亡する可能性が高くなります。

 

 

くも膜下出血は10年以内の再発率が7割であり、1ヶ月以内に死亡する可能性は5割と生存率も低くなっています。
早めに発見して対処することが大切です。
治療後も生活習慣を整えて再発を防ぐことが大事でしょう。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。