くも膜下出血の後遺症としててんかんになってしまう

くも膜下出血の後遺症としててんかんになってしまう

スポンサーリンク

 

くも膜下出血になると仮に手術が成功したとしても後遺症が残ってしまうことがあります。
その一つとしててんかんになってしまうことがあります。
その原因や症状、治療方法などについて詳しく説明しましょう。

 

 

【くも膜下出血の後遺症でてんかんになる】

 

くも膜下出血によって大脳に傷がついてしまうことがあります。
また、出血によって脳が圧迫されることもあります。
これらによっててんかんが引き起こされてしまうことがあるのです。
特に高齢者の場合はそのリスクが高くなっているため注意しなければいけません。

 

 

【後遺症のてんかんとは】

 

それではくも膜下出血の後遺症であるてんかんとは一体何なのでしょうか。
てんかんというのは脳の病気のことであり、てんかん発作を繰り返すのが特徴となっています。
どのような人でも発症する可能性があります。
繰り返し発作を起こしてしまいます。
ただし、症状はさまざまです。
間代発作や屈伸発作、ミオクロニー発作といったものがあります。

 

スポンサーリンク

 

【治療方法について】

 

それではくも膜下出血の後遺症としててんかん発作が生じてしまった場合は、どのように治療するのでしょうか。
基本的には治療薬を用いることになります。
これによって一定の効果を期待することができるでしょう。
ただし、薬にはいろいろな種類が存在しているため、自分に合ったものを選ぶべきです。
副作用が出てしまうこともあります。

 

 

後遺症が出現するのはすぐかもしれませんし、数年後かもしれません。
いずれにしても発作が見られたならば、後遺症の疑いがあるためすぐに病院で検査を受けるべきでしょう。
また、治療を受けたからといって完全に治るとは限りません。
ずっと薬を飲み続けなければいけないこともあります。

 

 

くも膜下出血にはさまざまな後遺症があることが分かっています。
その一つとしててんかんがあります。
こちらは薬を飲むことによって症状を抑えることが可能です。
後遺症はいつ起きてしまうか分からないため、くも膜下出血の手術後は注意しましょう。

 

スポンサーリンク

脳梗塞のリスクを考えるなら生命保険を検討

脳梗塞になった人、リスクが高い人は生命保険に加入することを検討してみてはいかがでしょうか?

脳梗塞を発症した後、リスクがある人でも生命保険に加入することは出来ます。
この保険タイプを引受緩和型保険と言います。

ただ、生命保険の種類は無数にあって、分かりにくいんですよね。1社だけだと不安もあると思います。
悩んだ時には保険のプロに相談してみてはいかがでしょうか。オススメの保険相談所を紹介しておきます。

店舗に行くのは面倒だから自宅や近くのファミレスで相談したい人はこちら→保険見直しラボ

自宅やファミレスはちょっと…。信用性の問題もあるし店舗で相談したいって人はこちら→LIFULL保険相談

出向くのがめんどくさいときは保険見直しラボ、信用できる店舗で相談したい人はLIFULL保険相談をお勧めします。もちろん相談は無料です。